はじめに

「小休止」を入れる、金額を決めてゴールに設定するなどの知恵も

世界は成長すると信じて継続的に運用していくのもよいと思います。なお、一気に上昇した場合などは少し小休止することも視野に入れ、メリハリをつけていくこともよいと思います。そうしたメリハリをつけるのが面倒であるという場合には、毎月継続的に購入していく方法で構いませんが、売り時も検討していくべきです。50歳を一つの区切りとしてゴールにするよりかは、例えば8,000万円~1億円貯まる時期をゴールにすると置き換えていくほうがよいのではないでしょうか。

そして、その後は多少なりとも働かれるのであれば、投資に回す金額を増やすのではなく、貯められる金額は預貯金主体としていく。これも一つのリスクヘッジです。その後の生活費は投資と貯蓄双方から賄っていくなど検討されるとよいでしょう。

FIRE後も何かしら社会と関わるのがオススメ

最後に、ご相談者様にお伺いいたします。なぜFIREを求められますか? FIRE達成後にやりたいことはありますか? 私の周りでFIREを達成した方々は、数か月~1年程度でFIRE生活に飽きて、また仕事に復帰されている方が多いです。

結局のところ、社会に貢献するといった観点は必要であり、ご自身だけが遊んでいる状況はなかなか続かないものです。周囲の目もあります。そのため、何かしらの形で働くことは継続しつつ、FIREも実現していくことがよろしいかと思います。世の中うまくできています。経済的な自立だけではなく、仕事もプライベートも充実させることが本当の幸せなのかもしれませんね。

なお、住宅ローンを組んだ場合であっても、退職金等をもとに返済すると仮定すればFIREは達成可能かと思われます。毎月どの程度返済していくかによって試算が異なるため、今回の試算には入れておりません。ご了承ください。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]「正直、不動産ってどうなの?」投資、住宅ローン、リフォーム等、失敗しない不動産を学びましょう

この記事の感想を教えてください。