はじめに

「贅沢していないはずなのに、なぜか家計に余裕がない…」ということはありませんか?いつも節約を心がけてしっかり貯蓄を貯めることは素晴らしいことですが、たまには頑張る自分へご褒美をあげてエネルギー補給することも大切です。

そこで、日々の何気なく使っている「ラテマネー」を減らし、その分自分へのご褒美代にする方法をご紹介しましょう。


意識せずに使ってしまう「ラテマネー」とは?

ラテマネーとは、カフェやコンビニでの飲み物代など、「少額だけど、頻繁に何となく使ってしまうお金」のことをいいます。コーヒー代に限らず、コンビニで買うお菓子代なども挙げられます。

<ラテマネーの例>
・自販機で買う飲み物代
・コンビニのお菓子代
・夜の晩酌・おつまみ代
・アプリの課金代
・ATMなどの手数料
・ランチにつけるデザート代 など

1回あたりは少額なので気軽に使ってしまう人も多いと思いますが、もし1杯300円のコーヒーを平日毎日のように飲んでいたら、ひと月20回とすると、毎月6,000円にもなります。その習慣を1年間続ければ7万2,000円、10年間続ければ72万円…!「塵も積もれば山となる」のが、ラテマネーの支出なのです。

ラテマネーを自分へのご褒美に替えよう

ラテマネーは、日々の忙しい生活で疲れている自分を癒してくれたりラクさせてくれたりと、一定の効果があります。そのため、無理をしてまで減らす必要はありません。しかし、もしラテマネーを削減することで、今までお金がなくて実現できなかった“自分への大きなご褒美“を手にできるとしたら、いかがでしょうか?

ラテマネーに消えるお金を減らせば、1年間で合計数万円くらいのお金が作れる可能性があります。これだけあれば、「家族と遊園地に行く」「友達と1泊温泉旅行に行く」といったことが実現できるでしょう。一週間やひと月だけ頑張ることで数千円お金を作り、「ちょっといい食材やデザートを買う」「プチ贅沢なランチに行く」などを楽しむのも良いかもしれませんね。

自分へのご褒美は、むやみに増やすと家計が圧迫されるので、避けなくてはいけません。ですが、「支出を削った分をご褒美代に回す」とすれば家計に支障はなく、罪悪感を持つ必要もありません。自分へのご褒美をあげたときの幸福度は、一段と高くなることでしょう。

家計にゆとりがなくてなかなか自分へのご褒美が用意できない人は、ぜひラテマネーを見直して、自分へのご褒美に替えましょう!

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ