はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、専業主婦の妻と子ども2人と暮らす41歳会社員の男性。老後までに1億円の資産を築き、アルバイトをしながら余裕を持って暮らしたいといいます。今のマネープランで達成可能でしょうか? FPの秋山芳生氏がお答えします。


老後のために、60歳以降に資産を投資信託と現金のみで1億以上形成し、アルバイトなどで比較的自由で、そして裕福な暮らしを叶えたいです。子どもも小さいため、教育費なども含めて達成出来る可能性があるか、見て頂きたいです。

60~62歳の間に投資の成績次第で退職し、夫婦共に月5万ずつ合計10万円くらいの収入を得られるアルバイトで、75歳位までは働こうと思っています。その合間で長期の海外旅行や国内旅行を楽しみ、80歳前後で老人ホームにそれぞれ入る予定です(2人で月40万程の予算で想定)。退職後も年1〜2%ほどの守りの投資を続け資産を少しでも長持ちさせる予定です。

現在、生活防衛資金が貯まっているので、毎月赤字で投資を進めています。
・確定拠出年金、給与天引きで毎月5万5,000円
・つみたてNISAで毎月3万3,333円
・課税口座で毎月6万円
全て外国株式に連動した投資信託で、現在1年2カ月目です。

現在仕事でキャリアチャレンジ中なので、4月から管理職に上がれればさらに投資金額を上げ、確定拠出年金と合わせて月20万まで上げたいです。今後次女が小学校に上がれば妻がパートに出る可能性があり、その際は妻名義でつみたてNISA、iDeCoで毎月合計5万6,333円ずつ積み立てをするつもりです。

長女、次女共に中学生まで公立、私立高校、私立文系大学(自宅通学)と考えています。それぞれ大学資金として、長女には学資保険で750万用意する予定です(一括型で300万円。毎月型で100万円ほど支払い済み、18歳まで毎月1万9,000円ずつ)。次女は養老保険の満期時に400万円と定期預金に300万円があるので、それである程度は賄おうと思っています。投資の成績次第では投資資金で賄う予定です。

投資信託や払込の保険などがあり、解約すればある程度は現金に変えられるため、不測の事態に対処出来るのですが、年間の貯金が後期のボーナスのみなのと、個人年金や毎月取り崩しで前期のボーナスも当てにしているのがネックです(小売業で比較的安定はしていますが)。両家の両親は健在(両家共に64歳)で自分達の兄弟がそれぞれ地元(地方)におり、財産などは相続しないつもりです。

【相談者プロフィール】
・相談者:男性、41歳、会社員、税込年収700万円、勤続21年
・妻:41歳。会社員15年後、現在専業主婦。今の所働く予定はなし
・子ども:2人(2歳、5歳)
・住居の形態:持ち家(築21年マンション・東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:35万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:120万円
・毎月の世帯の支出の目安:29万5,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:8万3,000円
・食費:5万円
・水道光熱費:1万7,000円
・教育費:1万円
・保険料:8万4,000円
・通信費:6,000円
・その他:4万5,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0円
・ボーナスからの年間貯蓄額:60万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):900万円
・現在の投資総額:200万円
・現在の負債総額:2,100万円(住宅ローン残債:購入額5,000万円、借入額2,950万円、金利0.9%、返済期間35年65歳まで)

【老後資金見込み】
・公的年金:定年の62歳まで働いた場合、65歳から夫婦合わせて手取り月20万~25万くらいを想定(定期便などで確認)
・退職金:勤続20年目から確定拠出年金に切り替え月5万5,000円。外国株式で全額運用し62歳退職時で1,500~3,000万円位を想定、現金での支給は300万円程度想定。
・養老保険:60歳満期400万円(12年払い済み)
・個人年金:本人65~75歳まで10年間月5万支給、妻65~75歳まで10年間10万円支給(共に60歳まで支払った場合。現在、本人10年間、妻6年間支払い済み)

秋山:ご相談いただきありがとうございます。今回は、東京在住で2歳と5歳のお子さんがいる40代のご夫婦からのご相談です。お子さんの教育費を支払ったあと、老後に向け1億円を貯めてゆとりある生活を希望しています。まず家計状況を確認してからキャッシュフローシミュレーションをし、1億円貯めることは可能かなどライフプランの実現可能性について一緒に考えたいと思います。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]