はじめに

加給年金で約117万円受け取り額が増える!

Aさん夫婦の年金受け取り見込み額は、以下の通りです。
Aさん(本人):(老齢基礎年金)約73万円(老齢厚生年金)約15万円
Aさん(夫):(老齢基礎年金)約71.5万円(老齢厚生年金)約120万円
ねんきん定期便を元に受け取り見込み額を一覧表にしました。

ただし、上表以外にもらえる年金があります。Aさんが話していた「年下妻がいるともらえる年金」=加給年金と言われるものです。ねんきん定期便は配偶者の情報が反映されていません。ですから、夫の老齢厚生年金に紐づく家族手当のような加給年金については一見しただけでは分からないのです。

また、加給年金は誰もが受け取れるとは限りません。Aさん夫婦は要件を満たしているので、夫の受け取り開始からAさんが65歳になるまで以下の通り受け取れることが分かりました。表中の金額は概算ですが、加給年金を受け取ると合計で約117万円になります。

また、「繰り下げをするともらえなくなってしまうので要注意」の意味についても説明しましょう。加給年金は前述の通り夫の老齢厚生年金に紐づいていますから、夫の老齢厚生年金を繰り下げるともらえなくなってしまうことがあるのです。具体的には、Aさんが65歳になると加給年金は打ち切られるので、夫が老齢厚生年金を繰り下げて68歳から受け取る場合、加給年金はゼロになります。また、67歳から受け取る場合は、加給年金は1年分の約39万円のみで、繰り下げたからといって増額はされません。このような事情から「繰り下げには要注意」と言われているのです。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう