はじめに

とうもろこしを使った料理の定番と言えば、大人も子供も大好きな「コーンポタージュ」。

小さい頃からコーンポタージュが大好きで、家族でレストランへ行くと両親がよく注文してくれました。素朴でやさしい甘さ、トロッとしたスープにカリカリのクルトン。これからメインディッシュが運ばれてくるのに、スープだけで十分幸せな気持ちになったことを思い出します。

コーンポタージュは味付けがとても簡単。とうもろこしの甘味がほとんど味を決めてくれます。ほんの少しの調味料があれば十分なのです。とうもろこしの芯も捨てずに、牛乳と一緒に煮て旨味を出します。味が決まったら丁寧に漉して、口当たり滑らかなお店の味に仕上げましょう。

もうひと手間かけて、カリッカリのクルトンも手作りします。お気に入りの器に盛り付けて、さあ、お家レストラン開店です。


「コーンポタージュと手作りクルトン」材料(4人分)



コーンポタージュ材料

材料 分量
とうもろこし 1本
クリームコーン 300g
玉ねぎ 1/2個
バター 40g
小麦粉 20g
牛乳 200ml
牛乳(追加分) 100ml
生クリーム 200ml
顆粒コンソメ 大さじ1/2
塩胡椒 適量

クルトン材料

材料 分量
食パン 1枚
バター 10g

「コーンポタージュと手作りクルトン」作り方

1. コーンポタージュを作る。とうもろこしの皮を剥き半分に折り、包丁で身をそぐ。玉ねぎはみじん切りにする。


2. 鍋にとうもろこしの芯、牛乳200mlを入れ弱火で10分程煮る。

3. フライパンにバター、玉ねぎを入れ中火で炒める。玉ねぎがしんなりしたら小麦粉を加え、ヘラで混ぜながら炒め、まとまったら火を止める。2の牛乳、コンソメを加え再び火をつけ、滑らかになるまでヘラで全体を混ぜ合わせる。



4. 3を鍋にうつし、クリームコーン、生クリーム、牛乳100mlを加え火をつける。ヘラやお玉で全体を混ぜながら温め、必要があれば塩胡椒で味を整える。

※この時点では、玉ねぎやクリームコーンの粒々とした食感が残っています。このままでも十分美味しいです。粒々の食感を味わいたい方は、ここでとうもろこしを加え弱火で3分程煮て完成です。滑らかなポタージュに仕上げたい方は工程5へ。

5. 鍋をもう一つ用意し、漉し器を使って4のスープを丁寧に漉す。とうもろこしを加え、焦げ付かないように混ぜながら弱火で3分程煮る。


6. クルトンを作る。食パンの耳を切り落とし、小さな「さいの目状」にカットする。

7. フライパンにバター10g、カットした食パンを入れ、中火で炒める。食パン全体に焦げ目がつきカリカリとしたら火を止める。スープをよそってクルトンをかけて完成。

おいしく作るポイント

とうもろこしは最後に入れ、さっと火を通す程度にすると、シャキシャキの食感と甘さが残っておいしいです。

レシピ/ akari
4歳、1歳 兄妹の母。フードスタイリスト、食育メニュープランナー。野菜をたくさん取り入れること、旬のものを食べて四季を楽しむこと をモットーに毎日料理しています。instagramには、家族の為に作った日々の御飯を投稿しています。

[PR]NISAやiDeCoの次は何やる?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介
(この記事はケノコトからの転載です)

この記事の感想を教えてください。