はじめに

キャッシュレス化が進み、一昔前に比べて多くのクレジットカードが登場していますが、クレジットカードを選ぶ時、みなさんはどんな基準で選んでいますか?

「ポイントの還元率が高い!」「特典が魅力的!」という理由で選んだ人も少なくないと思いますが、使い勝手の良いクレジットカードでも条件変更で大幅に改悪されることも。つまり、3年前にお得だったものが今はお得ではないケースがあるということです。

今回は、クレジットカードの選び方に加えて、最新のお得なカードについてもお話します。乗り換えを検討している人は、参考にしてみてくださいね。


クレジットカード選びで日常のお得度は変わる!

クレジットカードの最大の魅力は、カードを利用すると付与される「ポイント」。通常ポイントの還元率は0.5%程度が多いですが、還元率の高いクレジットカードであれば1パーセントを超えることも。

仮に、毎月クレジットカードで5万円を利用する場合、還元率0.5パーセントのカードから1パーセントのカードに変更した場合、還元される金額は年間で3,000円から6,000円になります。つまり、年間で3,000円もお得になります。

ただし、クレジットカードのサービス内容は、状況に応じて見直されるもの。ポイントの還元率が高く人気だったカードが、今はポイントの還元率が低くなり、特典の魅力も薄れているということも少なくありません。

例えば、以前は、「楽天カード」で電気、ガスなどの公共料金や税金の支払いをすると、100円につき1ポイント付与されましたが、2021年6月の改訂で500円につき1ポイント付与へと変更。また、「dカード」は、還元率が高く、使用できる場面が多かった「スーパー還元プログラム」と「ローソンでの3パーセント割引」の2大サービスが終了。大幅に魅力が低下しています。

最近は、サービス内容の変化が激しいので、今持っているクレジットカードが本当に使い勝手が良いのかどうなのか今一度確認してみましょう。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ