はじめに

超低金利が続いています。普通預金の金利は、大手銀行なら0.001%です。「銀行に預けていても、お金がなかなか増えないな……」と思っている人も多いでしょう。

ですが、「期間限定!今なら定期預金金利5%!」というお知らせを見たら、どう思うでしょうか。まったく疑わずに飛びついてしまう人は要注意。

今回は、目先の数字に惑わされず、賢く活用するためのコツについてお伝えします。


目をひくような、魅力的な金利! さて、あなたはどう考える?

こんな広告を見かけました。あなたはどう思いますか?

<今ならキャンペーン中! 円定期預金5%実施中!>

いかがでしょうか。

「こんな超低金利時代に、5%もの金利がつくなんて!」
「しかも、円定期預金っていうことは、日本円で預ける普通の定期預金でしょ? 元本保証でしょ? 今すぐに申し込もう!」

そう思った人は、要注意です。

確かにお得には見えますが、注意書きがあるはずなので探してみましょう。よく見てみると、小さい字で「1カ月もの」「預入上限100万円」とあるかもしれません。

5%という高い金利ですが、その期間はたった1カ月だけで、100万円までだったりします。

そこで、実際に、100万円預けた場合に、自分が受け取れる金額を計算してみましょう。

100万円×0.05(金利5%)×(1/12 ※1か月分)=4,166円です。

さらに約20%の税金が引かれるので、受け取れる利子は、3,000円ちょっとです。

「預けるだけで3,000円を受け取れるなんてお得!」と確かに思うかもしれませんが、1カ月たてば、自動的に普通預金になることに注意が必要です。1ヵ月のためだけに、新しい口座を作ったり、手続きをすると、時間や労力もかかってしまいます。うっかり忘れてそのままにしていると、100万円を超低金利でずっと預け続けることになってしまいます。

それだけでなく、「3,000円プラスになったし、リッチな外食しよう!」と、予定外の外食で、5,000円も1万円も使ってしまうかもしれません。それはそれで楽しいことではありますが、金額のプラスマイナスでいえば、マイナスになってしまうのです。

この超低金利時代に、大きな金利は現実的にはありえない、と頭に入れておきしょう。それでも魅力的な金融商品があった場合は、「自分が受け取るお金はいくらかな」と具体的に計算してみてください。さらに、その行動をする意味があるかどうかも考えてみましょう。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介