はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、夫と共働きで子ども1人がいる48歳の女性。子どもが中学から私立に通っており学費と塾代にお金がかかっているため、家計を見直したいと言います。世帯年収は1,300万円あり、一見すると問題なさそうですが…。不安の理由は? FPの秋山芳生氏がお答えします。


子どもが中学から私立に通っています。学費と塾にかなりかかっているため、住宅ローン、携帯など家計の見直しをし、食費は10万から8万に変更予定です。

電気代から何から何まで見直しを行ったつもりなので、これ以上何を節約すればいいかわかりません。車を手放したほうがいいと思っているのですが、主人の抵抗があります。

今は給与をもらっているほうだと思いますが、転職がうまくいっておらず、このまま維持できるかわかりません。

【相談者プロフィール】
・女性、48歳、無期雇用契約社員
・夫:48歳、会社員 ・子ども:15歳
・住居の形態:持ち家(戸建て、東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:68万円(夫53万円、妻15万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:200万円
・毎月の世帯の支出の目安:47万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:11万円
・食費:10万円
・水道光熱費:2万5,000円
・教育費:10万円
・保険料:1万5,000円
・通信費:1万6,000円
・車両費:3万5,000円
・お小遣い:6万円
・その他:1万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:14万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:200万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):3,500万円
・現在の投資総額:100万円
・現在の負債総額:2,200万円(住宅ローン:物件購入5,200万円。借入3,700万円、金利0.725%)
・退職金:あるかどうかわからず
・老後資金:公的年金26万円

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼 FP YouTuberの秋山芳生です。今回は夫婦ともに48歳、お子さんが15歳のご家庭の妻からのご相談です。夫の収入が額面では1,000万円を超えており、預貯金も3,500万円あります。それでもお金の不安はなくならないようです。家計に穴が空いていないか、将来の見通しはどうか、今後のお仕事のことなど、抱えている悩みを一緒に考えていきたいと思います。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう