はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、32歳独身、会社員の男性。将来に備え、最近つみたてNISAを始めたという相談者。投資の始め方はこれでよかったのかということや、お金のこと全般についてこれから学んでいきたいと言いますが…。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。


何度目かの転職をしました。

前職よりは収入は下がるのですが、多少の貯金はありますし、何とか払えるだろうと思って将来に向けて投資を始めました。まず、つみたてNISAを始めましたが、投資の始め方としてそれでいいのかというところを教えていただきたいです。

また、今後結婚をするかもしれませんし、収支状況を整え、お金を貯めていかなくてはいけないと思っています。ただ、現状では減らせる支出はないと思え、難しいことなのかもしれないと思っています。ボーナスが出れば、多少良いのかと思うのですが、勤務開始後1年経って支給されるかどうか…。今後昇給するかどうかもちょっと良くわかりません。退職金や企業年金についてもわかりません。

こんな感じで、お金についてあまりわかっていないので、いろいろ学びたいと思っています。その上で、投資はずっと先の将来のため、貯金は少し近い将来のためにしたいと考えています。

【相談者プロフィール】
・男性:32歳、会社員、独身
・手取り収入:月収20万4,000円、年間ボーナス不明
・貯金額:約140万円
・投資:始めたばかり
・毎月の支出の目安:22万6000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(家賃・管理費):6万8,000円
・食費(外食含む):5万1,000円
・水道光熱費:1万円
・通信費(スマホ1台、ネット):1万2,000円
・生命保険料:0円
・日用品代:5,000円
・医療費(マッサージ): 4,000円
・自動車関連費(ローン・維持費):2万4,000円
・被服費:3,000円
・交際費 :2,000円
・娯楽費:1,000円
・その他:2万6,000円(理美容・化粧品・その他)
・つみたてNISA:2万円

FP:投資を始めたところなのですね。将来のためにもよいことです。でも、家計表を拝見すると、「まず家計を整えることが先決!」とも感じました。毎月きちんとお金を残しながら生活できていることが優先で、その上で投資額をねん出できるということが、投資をする上で大切なことです。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介