はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、49歳、一人暮らしの看護師の女性。現在は1,700万円のローンが残る持ち家に住んでいますが、老後破綻しないために、60歳までに完済を目指したいとのこと。どんなマネープランを検討すればよいでしょうか? FPの飯田道子氏がお答えします。


老後破綻しないために、60歳までにマンションのローンを完済したいと思っています。2,700万円を借り入れし、残債が1,700万円です。その他、車のローンが2万7,000円/月あります(ボーナス返済はありません)。

体調を崩して最近復職しました。現在の職場は退職金制度がなく、福利厚生などの点で転職をしたほうがよいか考えています。職場環境も過酷で、残業も多く体調を崩さないかにも不安があります。職業は看護師なので、なるべく働き続ける事を目標にしたほうがよいかと考えています。

貯蓄をしたいのですが、まだ試用期間中でボーナスなどの金額ははっきり分からない状況です。今ある貯蓄は、なるべく使いたくないと考えています。

60歳で払い済みになる終身保険は、貯蓄目的だったので、解約すれば600万程度、年金保険(1万1,000円/月支払っている)が年間48万円の収入にはなる予定です。

iDeCoやNISAでの貯蓄をしたほうがよいかも教えて頂けると助かります。

【相談者プロフィール】
・女性、49歳、看護師、独身
・住居の形態:持ち家(マンション、北海道、一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:27万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:90万円
・毎月の世帯の支出の目安:20万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:8万円
・食費:2万5,000円
・水道光熱費:1万5,000円
・教育費:0円
・保険料:2万8,000円
・通信費:1万円
・車両費:3万円
・お小遣い:1万5,000円
・その他:5,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:2万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):670万円
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:1,700万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:50万円

飯田:今回は、体調を崩し復職して働いている49歳の相談者様です。ボーナス払いなしで住宅ローンを組んでおり、残債は1,700万円。老後破綻が心配なため、60歳までには完済を考えているとのことです。現在の勤務先は退職金制度がなく、福利厚生などの点で転職を検討しており、看護師という職業柄、なるべく働き続ける事を目標にしたほうがよいかとも考えているそう。その他、iDeCoやNISAでの貯蓄についても知りたいようです。

相談者様の場合、60歳まで完済するにはどのようにすればよいのか、また、その注意点は何か。転職や貯蓄についてどのように向き合っていくべきかを考えていきます。

[PR]「正直、不動産ってどうなの?」投資、住宅ローン、リフォーム等、失敗しない不動産を学びましょう