はじめに

自分主導で副収入を得ることを考える

現在、得られている副収入の8万円は、知人の方の手伝いをして得ているとのこと。お手伝いをして収入を得ること自体はよいのですが、いつなくなるのかも分からない収入と捉えていらっしゃいますので、自分自身で副業を得る道を考えてみてもよいのではないでしょうか?

今の副収入となっている仕事が自分主導でできるなら、知り合いの方の手伝いとあわせて、自分でもビジネスを行ってもよいでしょう。まったく違うビジネス内容であっても、自分主導でできることがあるのなら、スタートしてもよいかもしれません。

自分のビジネスである程度の収入が見込めるなら、給与の手取り額は、加入条件を満たすまでの最低金額まで下げることも可能になりますし、60歳以降も働き収入を得ることもできます。まずは現在の貯蓄額と投資額を切り崩すことなく65歳まで過ごせるのか、シミュレーションしてみましょう。

計画的で頑張り屋さんの相談者様ですので、一度、自分の計画を見直してみてください。
陰ながら応援しています。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ

この記事の感想を教えてください。