はじめに

岸田文雄首相が2022年5月にロンドンで行った講演の中で、「スタートアップ投資」に取り組んでいく方針を掲げましたが、企業価値が10億ドルを超える「ユニコーン」と呼ばれる、世界を変革するようなスタートアップは、どのように生まれてきたのでしょうか?

そこでスタートアップの聖地・シリコンバレーのベンチャーキャピタリスト、アリ・タマセブ氏の著書『スーパーファウンダーズ 優れた起業家の条件』(渡会 圭子氏訳、すばる舎)より、一部を抜粋・編集してスタートアップがユニコーンになるまでにかかる時間を紹介します。


10億ドル達成には何年かかる?

スタートアップがユニコーンになるまで、どのくらいの時間がかかったか見ていこう。私のデータによると、最初の資金調達ラウンドから1年か2年(たとえばアロジーン)という会社もあれば、12年以上かかった会社もある。平均は約5年だ。

10億ドルという基準に達するまで長い時間がかかる会社もある。メダリアというカスタマー・エクスペリエンス管理の会社は、10年以上かけてゆっくりと着実に成長し、初めてVCの出資を受けた時点で10億ドルの評価を得た。

メダリアはエイミー・プレスマンが、ボストン・コンサルティング・グループでキャリアを積んだあと、2001年に設立した。

出張しているとき、プレスマンはホテルの経営チームは、客がそのサービスに満足しているのか不満を持っているのかほとんど知らないことに気づいた。

彼女のもともとのアイデアは、ホテルなどサービス組織のためにベンチマークデータを集め、同程度のブランドや直接的な競合企業の顧客満足度のレベルと比較するものだった。

ソーシャルメディアの出現で、顧客からのフィードバックがかつてないほど重要になった。ネットに書き込まれる顧客の不満が、ビジネスに大打撃を与える可能性があることがはっきりしたのだ。そして好意的な意見が大きな助けとなることも。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を