はじめに

6月15日(水)に米連邦準備制度理事会(FRB)は通常の3倍の0.75%の大幅利上げに踏み切りました。一度に0.75%の利上げを決定するのは1994年以来のことです。先週発表された5月CPI(消費者物価指数)の伸び率が前年同月比8.6%上昇と、市場予想を上回るインフレ加速を示す結果だったことで、ダウ平均はFOMCでの0.75%の利上げを織り込む形でFOMC発表前の5日間で2,800ドルを超える下げとなっていました。

次の7月FOMCでは0.5ポイントか0.75ポイントとなる見通しが示されたことで、ややタカ派(金融引き締めの政策寄り)だったように感じましたが、悪材料が出尽くしたことで15日の米市場は反発しました。ナスダックは3月7日(月)に弱気相場入りしましたが、今回のCPIショックとも言える下落でS&P500も弱気相場入りを示す水準となりました。

このように、今年は値動きの荒い、ボラティリティの高い相場が続いています。


価格変動の度合いを示す「ボラティリティ」

ボラティリティというのは、一般的に価格変動の度合いを示すワードです。

「ボラティリティが大きい」というのはその商品の価格変動が大きいことを意味し、「ボラティリティが小さい」という時は、その商品の価格変動が小さいことを意味しています。投資においては、このボラティリティを標準偏差で数値化し、それをその商品のリスクの度合いとして捉えるのが一般的となっています。つまり、ボラティリティが大きい商品はリスクが高く、ボラティリティーが小さい商品はリスクが低いと判断されるわけですね。

また標準偏差で算出したボラティリティが大きいということは、実際のリターンと期待収益率(予想されるリターンの加重平均値)とのブレが大きくなる可能性が高いことを意味します。価格変動のブレの大きい商品は、一般にリスクが高いと判断されます。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を