はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、38歳、会社員の女性。仕事にやりがいを感じているけれど、最小限の労働を取り入れた「サイドFIRE」という選択肢も気になってきたという相談者。果たしてサイドFIRE達成の可能性は? FPの秋山芳生氏がお答えします。


38歳独身正社員、結婚の予定はありません。現在総資産は3,500万円程です。毎年ボーナスで海外旅行に行っていましたが、コロナ禍で行けず、その分貯蓄が若干増えています。

仕事にやりがいを感じており、今のところFIREの予定はありません。しかし、選択肢を広げたいと思っており、今のまま貯蓄を続けた場合、何歳には「サイドFIRE」(※1)が可能になるのか興味があります。サイドFIREの場合、年間60万円程度のパートを想定しています。

今までは定年まで働き、その後に趣味の旅行でもしようと考えていたのですが、色々選択肢があることを知り、自分にも当てはめることができるか気になっています。また、自分の家計はこのままで大丈夫なのか、若干不安もあります。是非ご教示頂けると幸いです。

手取りは30〜35万円(時間外手当の有無で変動)。支出は約15万円。投資は、毎月iDeCo1万2,000円、つみたてNISA3万3,000円、特定口座で約5万5,000円、米国重めで全世界株式の投資信託で積み立てています。最近になって、毎月1株ずつVTI(※2)を購入し始めました。貯蓄は、毎月投資を含めた支出後の残金5〜8万円程です。マイホームの購入予定はありません。

※ 1運用の収入に加え、労働により最低限の収入を得て生活するFIREのスタイル。
※ 2 米国、バンガード社が運用するETF(上場投資信託)。

【相談者プロフィール】
・性別:女性、38歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸(関東地方、一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:30〜35万円(時間外手当の有無で変動、毎月個人年金3万円、掛け捨て医療保険5,000万円、財形年金3,000円等が天引きされた後の金額)
・年間の世帯の手取りボーナス額:(記載なし)
・毎月の世帯の支出の目安:15万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:6万8,000円
・食費:2万8,000円
・水道光熱費:1万円
・保険料:5,000円
・通信費:4,000円
・車両費:1万5,000円
・お小遣い:1万円
・その他:2万5,000円(ペット費1万円、被服美容5,000円、交際費1万円。被服美容費、交際費等は月によって変動します)

【毎月の貯蓄・投資状況】
・毎月の貯蓄額:5〜8万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:60万円
・iDeCo:iDeCo1万2,000円/月
・つみたてNISA:3万3,000円/月
・特定口座:約5万5,000円/月
・VTI:1株ずつ

【資産状況】
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,800万円
・現在の投資総額:780万円
・積立型の保険総額:940万円(財形年金約300万円、個人年金約400万円、毎月2万円支払っている外貨建て保険の資金240万円も含む。外貨建て保険は解約する可能性あり)
・現在の負債総額:なし

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。

今回は、サイドFIREを目指す38歳の独身女性からです。総資産3,500万円は30代の資産としてはかなり多いと言えます。具体的な家計や今後の資産推移の見通しから、サイドFIREの実現性について一緒に考えていきたいと思います。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[MF]