はじめに

0歳から中学校卒業までの児童を養育している方に支給される児童手当ですが、2022年6月に児童手当の新制度が始まり、一部変更となりました。所得金額によっては児童手当が受け取れないひともいるので、注意が必要です。その変更点について、詳しくお伝えします。


児童手当制度のおさらい

児童1人当たりに対し、3歳未満は月1万5000円、3歳以上から小学校終了前までは月1万円(第3子以降は1万5000円)、中学生は月1万円が支給されます。

ただし給付には、所得制限があります。その所得制限を超えた世帯は、児童1人当たりに対し、月額5000円の特例給付があります。この特例給付にも所得制限がかかったのが、今回の変更です。

給付の変更:10月支給分から特例給付5000円に所得制限

6月1日施行の児童手当法の一部改正に伴い、10月支給分(6~9月分)から、所得が基準額以上の世帯は子ども1人につき月額一律5000円の特例給付を受けられなくなります。

まとめると下記の表となります。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]