はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、40歳、会社員の男性。40歳の妻と共働きで、子どもは2人。月収は約70万円と多めですが、その分支出も増えがちなのが悩みだと言います。改善できるポイントは? FPの秋山芳生氏がお答えします。


サラリーマンの自分と自営業の妻と子ども2人の4人暮らし。多少波があるものの、妻は自分と同程度の月額収入があります。月額収入の合計は65〜70万程度です。

親族の持ち家を格安で借りているため住居費も通常よりかかりません。そのため比較的家計に余裕はあるのですが、その分支出も多くなりがちなことに課題を感じています。一般的な家庭と比べて、どの部分の支出をどの程度抑えるべきかを知りたいです。

保険料は子ども2人分の学資保険。貯金はそれほどしてませんが、月額7万円程度、積み立て投資に回しています。

【相談者プロフィール】
・男性、40、会社員
・家族:妻40歳(自営業)、子ども2人(10歳、12歳)
・住居の形態:持ち家(戸建て、東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:70万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:30万円
・毎月の世帯の支出の目安:55万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費: 3万円
・食費:10万円
・水道光熱費:5万円
・教育費:10万円
・保険料:3万5,000円
・通信費:8,000円
・お小遣い:5万円
・その他: 5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):350万円
・現在の投資総額:500万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:20万円
・現在の負債総額:0円

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FPYouTuberの秋山芳生です。今回の相談者さまは、会社員と自営業の共働きの40歳のご夫婦です。2人のお子さん(10歳、12歳)の4人家族で、夫婦の収入は手取りで65万円から70万円となります。ボーナスも含めると、手取りの世帯年収は840万円前後になり、十分な収入があります。しかし、収入が増えても増えた分を使っていたらなかなか資産は増えません。

「ついつい使いすぎているかもしれない」「この収入だったら、どれくらいの資産があるべきなんだろう」

と思っても、他人と比べることができないので問題点が見えづらいものですよね。FPの視点から改善できそうなポイントを一緒に考えていきたいと思います。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]