はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、57歳独身、会社員の女性。元気なうちは働いて収入を得たいと考えていますが、高齢になった時が不安なため、投資を始めたほうがいいのか迷っているといいます。FPの飯田道子氏がお答えします。


15年間両親の在宅介護をしながら、職場の理解もあり、フルタイムで働いていました。父は10年前に送り、母は2カ月間病院で入院し、亡くなる前の5日間だけ在宅に戻り家で見取りました。それが今年の1月のことです。

そんなに浪費グセはないのですが、退職するまでに少しリフォームをしたいと考えてます。それと、元気な間は働けたらいいなと考えています。ただ一人暮らしなので高齢になってから病気になったらという不安もあります。

本題として、今の首相が自分で投資する事を勧めていますが、今月で57歳になる私の年齢で投資するのはいかがなものでしようか? 今までのように支出を出さないようにしてコツコツ貯めるのが良いのでしょうか? 

宜しくお願いします。ローンはないです。退職金は300万くらいでしょうか?

【相談者プロフィール】
・女性、57歳、会社員、独身
・同居家族について:なし
・住居の形態:持ち家(戸建て、近畿地方)
・毎月の世帯の手取り金額:20万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:60万円
・毎月の世帯の支出の目安:15万円

【相談内容】
・住居費:0円
・食費:3万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:0円
・保険料:7,000円
・通信費:8,000円
・車両費:2万円
・お小遣い:1万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:-
・現在の貯金総額(投資分は含まない):4,500万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:60万円
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:0円

飯田:今回は、岸田内閣が個人での投資を勧めている今、これからは投資をした方が良いのか、考えている57歳の相談者様です。現在、一人暮らしであり、将来のことを考えると病気になったときなど、不安に感じていることもあるようです。勧められている通り、投資を始めるべきか?それとも、今までのようにコツコツと貯めていく方が良いのか知りたいとのこと。相談者様の場合、どのようにする方が良いのでしょうか?また、これからの生活での注意点などについても、考えてみたいと思います。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]