はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、47歳、会社員の男性。妻46歳は会社員。相談者は現在、精神疾患のため休職中。このまま退職し、障害厚生年金を受け取れた場合、高校生と中学生の子供の教育費や老後資金は賄えるのでしょうか。FPの坂本綾子氏がお答えします。


47歳会社員、現在精神疾患で休職中です。このまま退職し、障害厚生年金2級を受給(14万5,000円程度の見込み)できた場合、子供の教育資金、老後資金は足りるでしょうか?

家族構成は会社員の妻(46歳)と、県立高校1年の娘と公立中学2年の息子です。娘は私立大学に進学予定で、息子は県立高校→私立大学に進学予定です。2人とも自宅から通える大学を想定しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

【相談者プロフィール】
・男性、47歳、会社員(休職中) ・妻46歳、会社員
・子供: 娘15歳、息子13歳
・住居の形態:持ち家(戸建て、北関東)
・毎月の世帯の手取り金額:40万円(私休職中20万円、妻20万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:74万円
・毎月の世帯の支出の目安:32万3,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:9,000円
・食費:7万円
・水道光熱費:2万3,000円
・教育費:7万6,000円
・保険料:3万3,000円
・通信費:2万2,000円
・車両費:2万7,000円
・お小遣い:8,000円
・その他:5万5,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:7万7,000円
・ボーナスからの年間貯蓄額:74万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):3,688万円
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:0円(ローン等なし)
・現時点の年金額:夫114万円/年、妻88万円/年

坂本:ご相談ありがとうございます。しばらくの間ゆっくり休んでいただけるよう、当面は問題がないことをまずお伝えいたします。持ち家で住宅ローンはなく、3,688万円の金融資産をお持ちです。配偶者は会社員ですから収入も安定しています。ただし、いくつか注意点があります。相談者様が一番心配なのは、お子様の教育資金と老後資金ですね。

これからの時間軸に沿って、確認していきましょう。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]