はじめに

キャッシュレス決済の手段の中で、スマホで買い物が簡単にできる「スマホ決済アプリ」が存在感を増しています。キャッシュレス推進協議会「コード決済利用動向調査 」によると、2021年のスマホ決済(コード決済)の利用額は7兆3487億円で、電子マネーの決済金額5兆9696億円を追い抜きました。

ただ、スマホ決済アプリはたくさんあり、どう選べばよいか悩む方も多いでしょう。そこで今回は、おもなスマホ決済アプリの種類と特徴を踏まえ、どれを選べば良いのか解説します。スマホ決済アプリをまだ利用していない方はもちろん、すでに使っている方も、自分に合ったスマホ決済アプリを見つけましょう。


スマホひとつで買い物ができるスマホ決済アプリ

スマホ決済は、現金を使わずに買い物ができるキャッシュレス決済の方法のひとつです。スマホにインストールしたスマホ決済アプリに銀行口座やクレジットカードの情報を登録し、お金をチャージ(前払い)して支払ったり、クレジットカード(後払い)で支払ったりできます。

多くのスマホ決済では、クレジットカードと同様にポイント還元が受けられます。現金で買い物をしてもポイント還元は受けられませんが、その買い物の支払いをスマホ決済にするだけでポイントがもらえるのですから、現金払いよりお得です。ときにはキャンペーンで還元率が高くなったり割引が受けられたりすることもあります。

そのうえ、スマホ決済アプリには現金やクレジットカード・電子マネーといった他のキャッシュレス決済ではできないサービスが充実しています。割引が受けられるクーポンがもらえるアプリや公共料金の請求書・ふるさと納税の支払いに利用できるアプリ、得られたポイントを運用に回せるアプリもあります。どこでいくら買い物したかの履歴もスマホ上でさっと見られます。

また、家族や友人に残高を送金したり割り勘したりすることも簡単にできます。スマホ決済アプリの送金サービスは現状同じスマホ決済アプリのユーザー間のみ対応しているため、異なるスマホ決済アプリのユーザーや銀行口座にはお金を送ることができません。

しかし2023年には、対象のスマホ決済アプリから他のスマホ決済アプリや銀行口座などに直接送金できるようになる見通し。スマホ決済アプリでのお金のやりとりがますます便利になっていくでしょう。

おもなスマホ決済アプリの特徴をチェック

おもなスマホ決済アプリには、次のようなものがあります。スマホ決済アプリを利用する最大の目的は「日々の買い物を少しでもお得にしたい」でしょう。そこで、スマホ決済アプリの還元率や、クレジットカードなどを併用したポイントの二重取り・三重取りを中心に紹介します。

おもなスマホ決済アプリと還元率・特徴まとめ

(株)Money&You作成

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ