はじめに

2022年9月12日週は、米国CPIが予想以上に強かった事や、週末には米国大手物流会社フェデックスが、国内外で貨物需要が減少しているため予測が立てられないとして、業績見通しを撤回した事が嫌気され、ニューヨークダウは2ヵ月ぶりの安値となりました。

そうした中で、明るいニュースとして、9月9日(金)に発売したNintendo Switch向けソフト「スプラトゥーン3」の国内販売本数が11日(日)までの3日間で345万本となり、自社のゲーム機向けソフトとして、発売3日間の販売本数では歴代最多になったとの報道がありました。これまでは2020年発売の「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)の268万本が最多でしたが、この本数を大きく更新しました。


発売3日間の販売本数が任天堂歴代最多のインパクト

スプラトゥーンは通信対戦型のシューティングゲームです。様々な武器を使ってフィールド上でインクを塗り合い、色を塗った面積で勝敗を競います。初代ソフトは2015年5月に「Wii U」向けソフトとして発売され、2017年7月にNintendo Switch向けに発売された「スプラトゥーン2」は3月末までに世界で1,330万本を販売しています。

このニュースで注目を集めた任天堂ですが、9月9日(金)の終値で58,280円だった株価は、 9月16日(金)の終値で6,1090円と2,810円上昇しました。任天堂は、来月10月1日(土)には株式分割が行われ、現在の株式を10分割します。先述したように任天堂の株価は9月16日(金)の終値で6,1090円ですので1単元で購入するのであれば約610万円以上の資金が必要です。ですが、来月からは約61万円で株式を購入できるので、個人投資家の方が参加しやすい株価になります。

ただし、株式分割によって企業価値は変わりません。

任天堂は2016年7月、スマホ向け位置情報ゲーム「ポケモン GO」を世界各国で配信し、社会現象となるほど話題を集めました。その好調ぶりから株価は堅調に推移し、同社の株価は7月7日(木)からの6営業日で86%の大幅高となりました。7月15日(金)には売買代金が4,760億円に上り、東証1部でトップ、市場全体の売買高の15%を占めるという前代未聞の大商いとなりました。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を