はじめに

社会保険の扶養に入っているパート勤務の方も多いことでしょう。2022年10月より社会保険の適用拡大によって厚生年金保険、健康保険制度の加入対象者が増えることになりました。扶養から外れて社会保険に加入すると保険料の負担から手取り額も気になるところですが、どのように変わるでしょうか。


社会保険に加入する基準

社会保険(厚生年金保険・健康保険)の加入は、フルタイムの4分の3以上の所定労働時間・所定労働日数で勤務する場合が条件ですが、以下5つを全て満たした場合も加入することになります。

(1)勤務先が従業員(被保険者)数101人以上の企業等であること
(2)1週間の所定労働時間が20時間以上であること
(3)継続して2か月を超えて雇用される見込みであること
(4)賃金月額が8万8,000円以上であること
(5)学生ではないこと

2022年9月以前は、(1)については501人以上という要件、(3)については継続して1年以上雇用見込みという要件でしたが、2022年10月からこれらの要件が緩和され、加入対象となる人が増えたことになります。社会保険の扶養に入るには年収130万円未満であることが条件とされていますが、(1)~(5)を満たしている場合は、(4)のとおり、賃金月額8万8,000円以上、つまり年収で106万円以上になると扶養から外れ、加入対象となります。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]