はじめに

労働者にとって給料日は少し特別な日だと思います。ほとんどの方が銀行振込による給与の受け取りをしていらっしゃると思いますが、今後はその受け取り方が少し変化していきそうな気配も感じます。


解禁されるデジタル給与払い

厚生労働省は給与をデジタルマネーで受け取れる制度を2023年4月に解禁します。利便性向上が見込める半面、企業の事務負担や安全性など課題もあり、普及するかどうかは今のところ不透明な状況です。

これまで給与は現金払いが原則でした。例外的に銀行や証券総合口座への振り込みが認められていました。

給与デジタル払いによるデジタルマネーは、銀行口座ではなく、資金移動業者のアカウントに給与を振り込むことをいいます。資金移動業者とは、銀行以外で送金サービスができる登録事業者のことで、現在国内で約80の業者が登録されています。

デジタル給与に対応する資金移動業者には厳格な参入要件を設け、要件を満たす業者を厚生労働省が指定します。業者の経営破綻時に口座残高の全額を返金できる保証の仕組みや、財務状況を厚生労働省に報告できる体制を求める予定です。

国内では「○○ペイ」などのスマートフォン決済アプリ口座があります。デジタル払いが可能になれば、この様な決済業者のアプリに給与が振込まれます。決済アプリ口座残高の上限は100万円としています。安全面では、資金の保全や不正引き出しの補償、換金性など銀行の制度と同程度の仕組みになるように設計されているようです。しかし、監督官庁が金融庁と厚労省に分かれていて、連携面での不透明さも残されています。給与のデジタル払いではアカウントの保護を10年としています。

ただ銀行とは異なり口座という概念はなく、個人認証のためのキー情報の正当性をどのようにして担保していくかという課題もあります。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を