はじめに

投資の世界には、様々なリスクが存在します。これらのリスクを理解し、適切な対策を取ることで、安定した投資を進めることができます。そこで、主要な投資リスクとその対策について、2回にわたって詳しく解説します。前半は、「市場リスク」「信用リスク」「地政学リスク」についてです。


【1】 「市場リスク」(値動きのリスク)とは?

「市場リスク」(値動きのリスク)とは、株価の変動、金利の変動、通貨の価値の変動などにより、投資家が損失を被るリスクです。「市場リスク」の要因は、経済状況の変化、政治的な問題、自然災害など、多岐にわたります。多くの場合投資家は、利益を追求する一方で、これらのリスクをどれだけ許容するかで投資戦略が大きく変わります。

リーマン・ショックから記憶に新しいコロナショックまで

実際に、数年に一度くらいの頻度で大きな下落が起きています。例えばリーマン・ショックの事例です。2008年に発生したリーマン・ショックは、金融危機を引き起こし、世界中の株価が大きく下落しました。

2008年9月にリーマン・ブラザーズが破綻した際、アメリカのダウ平均株価は短期間で約40%も下落しました。この急激な値動きは、個別銘柄だけでなく、多くの投資ファンドや国の経済にも深刻な影響を与え、多くの投資家がばく大な損失を被りました。

また2020年の新型コロナウイルス(コロナショック)も、世界経済に甚大な影響を及ぼしました。米国株の主要な指数であるS&P500をはじめ日経平均も大きく下落。日経平均は、2020年1月17日からの2カ月で約3割暴落しました。行動制限により経済活動が止まったこと、渡航できなくなったことで特に航空業界や観光業界は大きな打撃を受けました。その影響は長期にわたりましたが、徐々に回復しています。

ほかにも、ITバブル崩壊、東日本大震災でも株価は急落しています。

「市場リスク」をヘッジするには?

これらの事例から学べることは、「市場リスク」が投資において非常に重要であり、どれだけのリスクを許容するか、リスクをどうやってヘッジ(回避)するかが重要であるということです。

リーマン・ショックやコロナショックのような大きな市場の動きは予測することが難しく、その影響を受けないポートフォリオを作ることは非常に難しいため、こうしたリスクにどう対処するかは各投資家がしっかりと考える必要があります。

例えば、さまざまな資産クラスや地域に投資することで、リスクを分散させたり、株価指数の先物やオプションを用いて、市場が下落した場合のリスクをカバーすることなどがヘッジとして考えられます。

そして全体の経済状況や政策、国際情勢に注目し、それらが市場に与える影響を理解することが重要です。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]