年末が近づき、バタバタと忙しくなっている人も多いのではないでしょうか。そういうときこそ、しっかり栄養は取りたいですよね。おすすめなのは簡単にできる、包んで蒸すだけの「ちゃんちゃん焼き」。

鮭はビタミン、鉄分、タンパク質など多くの栄養素を含んでいます。また、オメガ3脂肪酸も効率的に摂取できます。体の中からキレイになりましょう。


『鮭のちゃんちゃん焼き』材料(1人分)

生鮭1切れ
玉ネギ中玉1/4個
白菜1枚
しめじなどきのこ類1/2株
ミニトマト1個
適量
黒コショウ少々
米味噌大さじ1
りんご(すりおろしたもの)大さじ2
玉ねぎ(すりおろしたもの)大さじ4

『鮭のちゃんちゃん焼き』作り方

1.玉ねぎは繊維を切るように5mm厚くらいに横切りにする。白菜は芯の固い部分は繊維を切るように1cmくらいに切り、葉の部分はザク切りにする。きのこ類は根元を切り落とし、ほぐしておく。ミニトマトは横に3等分しておく。

2.りんごと玉ねぎをすりおろし、米味噌と混ぜ合わせておく。

3.フライパンにアルミ箔を敷き、白菜の芯を並べ、鮭を載せる。軽く酒をふり、玉ねぎ、きのこ類、ミニトマトを載せていく。

4.2で混ぜ合わせたタレを全体にかけ、残りの白菜で覆うようにする。アルミ箔の口を閉じて包み込む。

5.フライパンに蓋をして、中火で5分、温まってきたら弱火で10分くらい蒸し焼きにする。

6.鮭の色が変わり、火が通ったら出来上がり。

『秋鮭のちゃんちゃん焼き』を美味しく作るポイント

タレに使うりんごは、皮ごとすりおろします。りんごには100種類以上のポリフェノールが含まれていて、皮にはなんと実の4倍ものポリフェノールが入っているそうです。皮ごと食べた方がよいので、無農薬や減農薬などのりんごを見つけてくださいね。

レシピ/愛菜料理家 yukaring(ゆかりん)
タカコナカムラ ホールフードスクールで学ぶ。ホールフードインストラクターとして、素材を丸ごと使う野菜料理を得意とする。発酵やパン作りにも興味を持ち、COBOウエダ家にて学ぶ。COBOマスターとして、野菜や果物を発酵させた料理やパン作りもしている。現在は会社員として勤める傍ら、「料理を食べて、体の中からキレイになって欲しい。」と、サイトへのレシピの執筆、料理教室、ワークショップなどで日々活動中。
ブログ:「野菜を食べて、体の中からキレイに♡愛菜料理家yukaring’s home(ゆかりん亭)」