家計簿の使い方から資産運用の考え方、みんなのリアルなお金管理術を紹介!<PR>

はじめに

フリーアナウンサーの小林麻央さんが6月、ご主人の歌舞伎俳優、市川海老蔵さんの記者会見により、「進行性の乳がん」にかかっていることが報じられました。進行の度合いは明らかにされなかったものの、報道陣の質問に対し「比較的深刻。かなり(進行の)スピードが速い」、「(現状は)手術する方向に向かって、抗がん剤治療を行っている」と返答しています。小林麻央さんの一日も早いご回復をお祈りいたします。

さて、FP(ファイナンシャルプランナー)としてこの報道を聞いたとき、「若年層にがん対策は必要なのか」ということを考えます。特に女性特有のがんである乳がんは若年者の女性芸能人が罹患されたというニュースが報じられるたび、「どのように対策するべきなのか」という相談を数多く受けます。

がん罹患に対してできることは、まず「がんにならないように毎日を送ること」です。生活習慣やホルモン異常の原因となる生活環境の整備により、がんに罹患する「可能性」を下げることはできるといわれています。ただ、「乳がん」は遺伝子が原因といわれており、その対策はほかのがんとは異なります。
(参考:もっと知ろう!乳がん

そこで若年の女性が万一がんに罹患したときのために、「お金の面」での対策が必要です。代表的なものが生命保険です。生命保険のうち、病気やケガを保障する医療保険には、特にがんに特化した「がん保険」という医療保険が発売されています。そしてがん保険のなかでも、生命保険各社からは乳がんなど女性のがんに特化した商品も広く発売されています。

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ