はじめに

団体信用生命保険って?

マイホームの購入を検討するとき気になるのが「ローン返済中にもしものことがあったら……」ということ。そんなときに役立つのが、団体信用生命保険(団信)です。

団体信用生命保険とは、住宅ローンの返済中にローン契約者が死亡または高度障害になった場合、生命保険会社がローン残高相当額を保険金として債権者に払ってくれる保険です。

つまり、万一の事態があった場合には、その後のローン返済がなくなるということ。融資する金融機関にとっても、保険会社が債務の残高を払ってくれるので貸し倒れになることがありません。

ローンの借り手にとっても、家族にとっても、安心できて頼もしい保険。それが団体信用生命保険なのです。


住宅ローンと保険料のダブルの負担は重くない?

民間の金融機関の住宅ローンでは、ほとんどの場合、団体信用生命保険への加入が融資の条件とされています。しかしながら、実際には住宅ローンの返済額以外に保険料を支払うわけではありません。

なぜなら通常、団体信用生命保険の保険料はあらかじめ金利に含まれているからです。別の言い方をすれば、ローン申込みの際に、銀行から提示されるローン返済額には、すでに団信保険料が含まれているということなのです。

一方で、住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携して融資する「フラット35」を利用するなら、団体信用生命保険への加入は任意です。加入する場合は、別途、自分で保険料を支払うことになります。保険料の支払いは年1回です。

保険料はどのくらい?

団体信用生命保険の保険料は、ローンの残高などによって決まります。つまり、一度加入したらローンを完済するまで同一の保険料を払うのではなく、ローン残高に応じて毎年払う保険料も減少していくということになります。

例として、期間35年、貸付金利3%、元利金等返済で1000万円借り入れた場合を見てみましょう。初年度の保険料は35,800円ですが、返済とともに保険料も下がり、10年目の保険料は29,900円となります。