趣味

恐竜にマンガやアート!お得で楽しい全国公共ミュージアム

わざわざ行きたい、親子で遊んで学べるスポット

あの有名な温泉街とアートがコラボ

道後オンセナート2018(愛媛県松山市)

最後は、街全体がミュージアムになるイベントをご紹介。愛媛県松山市にある道後温泉と、そのほか周辺エリアを舞台にしたアートフェスティバル「道後オンセナート」が、2014年の第1回目に続いて4年ぶりに開催されています。

「アートにのぼせろ 〜温泉アートエンターテイメント」をコンセプトテーマに、2019年2月28日まで、約25名のアーティストの作品が街を彩ります。

道後温泉に向かう途中の道後商店街のアーケードには、写真家・梅佳代氏の撮り下ろし写真が。「坊っちゃんたち」をテーマにした作品が展示されています。


(C)KAYO UME / Dōgo Onsenart 2018

「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」には、松山市の花である椿をモチーフにした立体作品「つばき」を展示。現代美術家・大巻伸嗣氏が手がけた作品で、よく見ると作品に穴が。中に人が入ることもできます。


(C)SHINJI OHMAKI / Dogo Onsenart 2018

道後地区のホテル・旅館の客室の一部は、アーティストにより空間演出を施され、一つの作品となっています。実際に宿泊することもできます。「オールドイングランド 道後山の手ホテル」の1室は、グラフィックデザイナー・宇野亞喜良氏が手がけた「恋愛辞典」という作品。


(C)AQUIRAX UNO / Dōgo Onsenart 2018

「道後舘」では、ブックデザイナー・祖父江慎氏による「部屋本坊っちやん」が話題。客室の1室の壁や天井にびっしりと夏目漱石の名著『坊ちゃん』の全文が書かれており、インパクトがあります。


(C)SHIN SOBUE / Dogo Onsenart 2018

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉/「つばき」
愛媛県松山市道後湯之町19-22、伊予鉄市内電車道後温泉駅から徒歩5分、TEL:︎089-932-1126(道後温泉コンソーシアム)、見学無料、24時間見学可能、無休

オールドイングランド 道後山の手ホテル/「恋愛辞典」
愛媛県松山市道後鷺谷町1-13、伊予鉄市内電車道後温泉駅から徒歩10分、TEL:089-998-2111(オールドイングランド 道後山の手ホテル)、見学1000円、11:00〜18:00(要予約、最終受付17:30)、無休

道後舘/「部屋本坊っちやん」
愛媛県松山市道後多幸町7-26、伊予鉄市内電車道後温泉駅から徒歩10分、TEL:089-941-7777(道後舘)、見学1500円、11:00〜14:00、無休

その他問い合わせ
TEL:︎089-907-5930(道後オンセナート2018案内所)

まだまだあります! 全国のイチオシ公共ミュージアム

実物車両の展示と巨大ジオラマにワクワク
鉄道博物館(埼玉県さいたま市)

クラシックカーがずらりと並ぶ車好き必見スポット
トヨタ自動車博物館(愛知県長久手市)

日本や世界のあらゆるおもちゃが集う宝庫!
バンダイミュージアム(栃木県壬生町)

入館無料、あるいは安価な価格で入館できる施設でも楽しめる公共施設やアートイベントはたくさんあります。親子で出かければ、新たな発見があるかもしれません。

旅行の計画を立てる際、立ち寄る候補地としてぜひ考えてみてくださいね。

文=佐藤成美(風来堂)

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ