ないなら作ってしまおう!

モノがあふれる時代、買ってしまえば簡単。だけど家にあるもので作ってみるといろんな発見があるものです。こんな風に作られているんだ、材料はこれだけでできるんだ、そしてこんなにおいしいものなんだ!

高級で濃厚なチーズももちろんおいしいのだけれど、牛乳からつくるチーズはカッテージチーズと呼ばれるもので、牛乳に塩と酸を加えるだけ。あっさりしていて、何にでも合う。水切りの時間を調整すればほろほろ食感にも、しっとりなめらか食感にも仕上げることができます。

はちみつを加えてパンに塗ったり、野菜と一緒にオリーブオイルで和えたサラダにしたり、自家製チーズをお楽しみくださいね。

安定剤も使わない、無添加のシンプルチーズの味のおいしさに、きっと驚くはずですよ。


『自家製フレッシュチーズ』の材料(チーズのできあがり120g位)

材料分量
牛乳500ml
小さじ1/2
レモン汁1/2個分

『自家製フレッシュチーズ』の作り方

  1. 鍋に牛乳と塩を入れ加熱し、沸騰直前まで温める

2.ふつふつ沸いたら弱火にしてレモン汁を絞り入れる

3.固まってきたら火を止めて、5分ほどそのままにする

4.ボウルにざるを重ねて清潔なさらしなどで漉す

5.30分そのままにし、かるく絞ってできあがり

『自家製フレッシュチーズ』のポイント

漉す時間を長めにして水分を少なくすれば、ほろほろとした食感に。(サラダ向きです)
30分程度の漉し時間であれば、しっとり食感に仕上がります。

チーズを作ったあとのホエーにも栄養(タンパク質やビタミン)が残っているので捨てないようにしましょう。はちみつやお砂糖を加えて冷やして飲んだり、パン作りの水分として使ったりできます。

また、重曹やベーキングパウダーを使ったお菓子作りでは、乳酸を含む酸性のホエーが膨らむ力を強くしてくれてふわふわに仕上がりますよ。

レシピ/管理栄養士 片山けいこ
湘南の自宅にて店舗兼工房k-meals,主宰。Webメディアへのレシピの執筆、自宅工房での料理教室、ケータリングやプチギフトの制作などフードコーディネーターとして活動中。肩ひじ張らないあたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。現在3児の母。k-meals

元記事:牛乳からつくる『自家製フレッシュチーズ』
(記事提供:ケノコト