生活

100均からロボット掃除機まで、家事のプロが実際に使っている掃除グッズ

お金をかけていいモノ、ダメなモノ

掃除は「汚れているところをキレイにする」というマイナスな状態をゼロに戻す作業。と思うと、できる限り時間をかけたくない家事のひとつですよね。

最近は、掃除サービスを利用するなど時間をかけないこともできますが、全ての掃除を外注するのはかなりのお金がかかります。

ならば自力でということで、節約・家事アドバイザーの私が実際に使っている“自分で簡単に掃除ができるお掃除便利グッズ”を紹介します。


シンプルだけど使いやすい「親方棒」

シリコン素材でできた細い棒。先はヘラのようになっているので汚れを書きだすのに最適です。例えば水道の蛇口の根本。気づくと水垢汚れが貯まってしまったりしていますが、そのような汚れも親方棒で擦るだけで簡単に落とすことができます。

この親方棒が最も活躍してくれるのが、レンジフードのシロッコファン。これを取り外して細長いファンの隙間を掃除するのは至難の業でしたが、この親方棒はシロッコファンの隙間にも入る細さなので、汚れをしっかりとかきだしてくれます。

100均グッズの洗剤が入るブラシ

こちらは100均で売っているもの。多少形は違いますが、ダイソー、セリア、キャン★ドゥなどの大手100均であれば売っています。

蓋をはずすと中に洗剤が入れられるようになっているので、洗剤を少量ずつ出しながらブラシで擦る掃除に便利です。ガスコンロ周りや窓のサッシの枠、車のタイヤを洗うときなどにも活躍してくれます。

何年も掃除していなかった玄関先の石畳の汚れも、このブラシに台所用の中性洗剤を入れてごしごしするとあっという間に汚れが落ちました。

さらに掃除だけでなく洗濯にも使えます。汚れやすい子供の運動靴を洗剤をつけてごしごし洗いたいときにもおすすめ。しっかりした硬いブラシなのでデリケートな衣類には向きませんが、靴であれば問題なく使えます。

手の届かない狭い場所の掃除もできる100均グッズ

薄い、はたきのような形をした100均の掃除グッズ。この種類のものもどちらの100均でも目にします。汚れを吸着しやすいシートが貼られているので、とくにホコリが貯まっているような場所の掃除におすすめです。

ほぼ掃除が不可能と言ってもいい冷蔵庫下の薄い隙間。ここにも簡単に入れることができ一瞬で汚れをかきだすことができます。また高い位置にある電機の傘や本棚の上の掃除にも最適。薄くて長い柄がついているという点で家の中での活躍場所は多くあります。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ