住まい

マンション購入時には知らなかった…近隣の工事を訴えることはできる?

騒音問題に対して損害賠償請求をするためには

何が賠償の対象となるか

さて、瑕疵担保責任が認められるとして、賠償の対象となる損害は二つ考えられます。

一つは、騒音の存在によりマンションの交換価値が下がっているとして、本来の交換価値との差額を賠償の対象(損害)とすることが考えられます。この場合には、交換価値の低下を客観的に証明しなければなりません。

ただし、近隣工事が半年ないし1年で終了し、その後は騒音が無くなるとすると、賠償の対象となる損害がどの範囲になるのかは非常に難しい問題を含みます。

もう一つは、騒音の存在により精神的な損害を被ったとして慰謝料請求をすることが考えられます。近隣工事による騒音が瑕疵と評価される場合には、通常生じる損害として賠償の対象となると考えられます。

夜勤の人が昼間に眠れない損害は?

先に出てきた騒音規制は、睡眠を想定して夜間の騒音を規制しています。そのため、夜勤を日常としている方は、睡眠時間となるはずの昼間に工事が実施されるという非常に辛い立場に置かれます。

さすがに、昼間も工事ができないとなると、何も建設できなくなりますから、上記規制時間帯はやむを得ないと思われますが、夜勤の方が昼間の工事により睡眠障害等の影響を受ける場合には、損害の大小、つまり、賠償額の問題に集約されることになると考えられます。

最後に

瑕疵担保責任を追及する場合には、善意・無過失であることが要求されます。つまり、瑕疵を認識し、あるいは、認識することが容易であった場合には瑕疵担保責任を追及することができません。

そのため、購入前には、散歩がてら近隣の様子をチェックしておくべきといえそうです。

著者:弁護士 河原﨑友太 (浦和法律事務所。2017年2月にマンション管理士に登録。ご相談に際しては、ご相談に見える方が、弁護士に何を期待しているのかを見定め、丁寧な事情聴取、解決方法の提案を心がけています)

元記事:マンション購入時に知らなかった近隣の工事…騒音被害で損害賠償できる?

(記事提供/シェアしたくなる法律相談所)

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ