キャリア

誰でも気軽にライフプラン診断ができるツールとは

イベントレポート

2018年11月18日、品川・グランドプリンスホテル新高輪内の国際館パミールで開催されたイベント「お金のEXPO 2018」。本イベントでは、お金のプロが「お金が貯まる」「お金を増やせる」賢い方法や、お金に困らないための家計改善の方法、知っていると得をするお金の知識をお伝えしました。

本記事では、当日開催された損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社によるセミナー「2050年のマクロトレンドと、家計に及ぼす影響」の中から、エコノミストでBRICs経済研究所代表の門倉貴史氏と損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険 営業企画部市場開発室 吉江正博氏による、誰でも気軽にライフプラン診断ができるツールについて、ご紹介します。


門倉氏がライフプランニングを相談するなら

吉江氏: ただいま紹介にあずかりました、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の吉江と申します。どうぞよろしくお願いします。

門倉さんご自身はエコノミストでいらっしゃるのであまり必要はないかもしれないですが、ライフプランニングの相談相手はいらっしゃいますか。

門倉氏: やはり本業ですので、これまでは誰にもライフプランニングを相談することはありませんでした。ただ私、今47歳なんですけれども独身で。独身だったらそんなにライフプランは複雑じゃないのかなと考えていたのですが、50歳前には結婚したいという希望もあります。その中で、結婚した後、たとえば子どもができたり、住宅を購入したり、教育費にどれくらいかかるのかとか、そういったところでライフプランはすごく重要になってくるのかなという気はします。

吉江氏: もしライフプランを相談するとしたら、どの分野に強いファイナンシャルプランナー(FP)に相談してみたいですか。

門倉氏: やはり、近々ですと住宅を購入したいという希望があります。今は賃貸に住んでいるんですけども、ローンを組んで持ち家を購入しようとした場合に、頭金をどれくらいにしたらいいのかなどを相談したいなと思っています。あと、生命保険とかも非常に複雑な仕組みになっているので、掛け捨てなのかとか、いろいろいろいろ聞いてみたいと思います。

吉江氏: なるほど。実際、皆さんは相談できるファイナンシャルプランナーはいらっしゃいますか。ひまわり生命のブースで、皆さんにアンケートを取らせていただいておりまして、今のところ3人に1人ぐらいの方が相談出来る方がいらっしゃるという感じになっていまして、それ以外の方はご自身でお考えになっているというようです。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ