はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回の相談者は、がんにどう備えたらいいのかわからないという、生命保険に未加入の38歳の女性。厚労省の調査によると、日本人の約3人に1人はがんで亡くなっているそうです。万が一、がんを罹った時の経済的リスクの備え方について、FPのたけやきみこ氏がお答えします。

生命保険の必要性と、60歳以降の保険料の支払いについて悩んでいます。周囲でがんになる人の話を聞く機会が多く、とても気になるようになりました。民間の生命保険に入っていないため、現在加入を検討しています。医療保険分は、高額療養費や貯金で賄えると思いますが、がんになったときの備えについてはよくわからないので教えてください。また、老後の備えが、貯金と公的年金だけでは不安です。老後の備えは生命保険ではどのようなものが良いのでしょうか。60歳以降は給料が5~7割減額になると知り、年金の受給が始まらない期間に保険料を現役の頃と同じように払っていけるのか心配です。アドバイスよろしくお願いします。


〈相談者プロフィール〉
・女性、38歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:賃貸
・手取りの世帯月収:25万円(年収420万円)
・毎月の支出目安:18~20万円
・貯金:300万円
・投資:71万円


【支出の内訳】
・家賃:6.5万円
・車両費:1万円(ガソリン他)
・水道光熱費:1.2万円
・通信費:0.7万円
・食費:3万円
・日用品:0.7万円
・医療費:0.3万円
・交通費:0.7万円
・交際費:1万円
・美容・被服費:1.5万円
・娯楽費:0.5万円
・趣味:1万円
※余剰資金は旅行積立に回しています。
【毎月の貯金】
・預金:2万円
・401k:2.3万円
・つみたてNISA: 3万円
※預金は車の維持費と冠婚葬祭用、投資信託は老後の資金です。年間でボーナスを含めて100万円積立をしています。

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ