生活

切り詰めても毎月6万の赤字、「3つの行動」で家計改善

FPの家計相談シリーズ

「3つの行動」で赤字体質を改善する

(1)余分なコストを削減する

これは、なかなかキツイのも事実です。今まで使っていたお金が削減されるため、少し寂しい思いにもなるかもしれません。ただ、家計改善の一歩として、ダイエットと同じ、まずはできることから始めなければなりません。

相談者の方の場合、削れそうな部分として、食費、お小遣い部分をあげることができます。とはいえ、かなり切り詰められていることもわかります。食費が5千円~1万円程度減らすことはできないか、業務用スーパーなどをうまく利用し少しでも費用を減らせるよう努力されてみてはいかがでしょうか?

また、夫4万5千円のお小遣いは、手取り金額からみてやや多いかもしれません。夫の協力を得る必要がありますが、なんとか5千円~1万円程度、お小遣いから500円玉貯金でもよいですから、貯蓄できないか相談されてみてはいかがでしょう。

(2)代替できるものを検討する

そして、毎月の返済額が、現在の家賃以下となり、中長期的に見て返済できる見通しが立てられるならば、住宅購入も検討してみましょう。親からの贈与を活用して頭金などが用意できれば、金利にもよりますが、今よりも毎月の支出を減らせる可能性があります。

この他、支払い方法を変更することも検討してみましょう。もし現金や引き落としで支払っているものがあれば、カード払いへと変更します(可能な場合)。還元率の良いカード(1~3%)払いにすることで、ポイントを貯め、貯まったポイントをレジャーなどで活用してみてはいかがでしょうか。

(3)働き方を変える

今の段階ではなかなか難しいと思いますが、ある程度お子さんが大きくなったら、フルタイムへ変更することも検討してみましょう。

あとは可能であれば、副業も検討されると、多少でも収入アップにつながり、赤字から脱却できることになるでしょう。アンケート調査などは、自宅でできるものから会場で調査するといったものもあります。市場調査は、会場調査の場合、1回で4千円~1万円程度得ることができる場合もありますので、活用してみるとよいと思います。月に2回あったとしても、それだけで1万円~2万円程度の収入になる可能性があります。夫婦で行えれば、月に2万円~4万円程度の収入になる可能性もあるのです。

赤字を脱却したら資産を増やすことも視野に入れて

この3点をまずは行ってみてはいかがでしょう。奥様の収入をすべて貯めることも可能になっていくと思います。こうした日々の努力により、とりあえず赤字脱却は近くなると思います。

もし赤字脱却だけではなく、さらに増やしたいという場合には、もう一点検討しましょう。それは、資産運用です。ただし、資産運用では、増える場合もありますが減る場合もあります。そのため、(1)~(3)を重点的に行い、余力が生まれるならば、奥様の貯蓄をもとに投資の非課税制度NISAの範囲内で運用を行うなど、少額投資から始めていかれてはいかがでしょうか?

資産運用がNGであれば、積立貯蓄などを強制的に行い、確実に貯蓄していくという方法も検討してみてください。通帳の残高が増えることで嬉しくなり、さらにお金を貯めようと思う気持ちも強くなることでしょう。継続は力なりです。ぜひ、まずは1年続けてみてください。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ