読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回の相談者は、2人目の子供が欲しいけれど生活していけるのか不安だという32歳の主婦。なんとかしようと思っているのに夫の協力は得られず、赤字家計にもかかわらず夫は勝手にiDeCoを始めてしまいます……。FPの横山光昭氏がお答えします。

もう一人、子供が欲しいと思っています。ですが家計は毎月赤字で、貯蓄も増えていきません。今の子供の教育費の準備も心配ですし、このままで生活していけるのかなという漠然とした不安もあります。もっと支出を見直して締めていきたいと思うのですが、夫が「何とかなるだろう」といい、協力してくれません。そもそも、夫が欲しがって、無理をして住宅を購入したことも失敗だったような気がします。夫は先日、急に「老後のことも計画的に考えなくてはいけない」と思ったそうで、個人型確定拠出年金の投資を勝手に始めてしまいました。おかげで赤字は3万円にもなってしまい、ボーナスも生活費の補てん、住宅ローンのボーナス払いと買い物で、ほぼ残りません。なんとかするには、どうしたらいいのでしょうか。夫に家計のことを理解してもらい、協力してもらう方法はないでしょうか。


〈相談者プロフィール〉
・女性、32歳、既婚(夫:36歳、会社員)、子供1人(2歳)
・職業:フリーライター
・手取り世帯月収:29.8万円
(夫:27.8万円、妻:2万円)
・手取り年間ボーナス:100万円
・貯蓄:70万円


【支出の内訳(32.6万円)】
・住居費:7.5万円
・食費:4.1万円
・水道光熱費:3.3万円
・通信費:2.1万円(スマホ2台、固定電話)
・生命保険料:1.1万円(学資保険のみ)
・日用品代:1.3万円
・自動車ローン:1.9万円
・自動車関連費:2.1万円(ガソリン、保険)
・お小遣い:2.5万円
・確定拠出年金:0.7万円
・その他:6万円


横山: ご主人の協力がなく、家計が赤字になっているのですね。ご夫婦間でお金の話が十分にできていないご家庭は多いものです。早く共有ができ、一緒にどういうことにお金を使い、貯めていくのかの方針を持てると良いですね。

夫には家計収支を「数字」で見せる

支出の仕方について、ご主人の協力が得られないのですね。日本は昔から男は稼ぎ、家計は女性が管理するというスタイルでしたので、そのように捉えている男性も多いのかもしれません。ですが、ご主人と家計の共有ができないと、いろいろな不安材料が消えにくいですし、節約したい部分の節約ができない場合も多く、すれ違い感が強くなってしまいます。家計管理上、そういったお金の面で共有ができていない状態は良くなく、共有ができなければなかなか改善に向かうことができないものです。

男性は感情に訴えてもなかなか興味を持つことがないようですが、「数字」で見せると興味を持つ場合が多いようです。エクセルなどで細かく家計簿を記録することが得意な人が多いようなので、相談者さんも、まずは支出状況を数字でご主人に見せてみましょう。

あるお客さんは、毎月の家計状況を大きな紙に書いて壁に貼り、いやでもご主人の目に入るようにしたところ、すぐに反応はなかったものの、数ヵ月後に「こんなに赤字続きで大丈夫か、小遣いを減らそうか」と話してくれるようになったそうです。見ていないようでも見ていたんですね。数字だと大変さがわかりやすいのだと思います。この方のように貼り出すまではしなくてもいいですが、家計簿の収支を数字で見せて、反応をうかがってみてください。