はじめに

お金持ち同士が付き合うのは“習性”

お金持ちの考えは、一般から理解されません。お金持ちがお金持ちになれた理由、それはひとえに大衆と真逆を行く「逆張り戦略」が功を奏したからです。他の人が見向きもしないものにビジネスチャンスを見出し、そのビジネスを育てて大きくしたのです。

しかし、その頑張った過程や苦労は、他の人からは理解を得ることが難しいのです。お金持ち同士はそんな苦労をわかり合い、共感しあうことができるのです。

今は年収2億円を超えている社長がいるのですが、彼と話をした時に「昔はとにかく稼げない時代があって、出張へ行った時はネットカフェに宿泊していた。今でもテーマソングを聞くと懐かしい気持ちになる」と言っていました。

私も昔は、上京する時は格安夜行バスやネットカフェ宿泊を繰り返していた時代があって、「ビジネスが軌道に乗るまでの苦労話」で大いに盛り上がったものです。

このように、お金持ちがお金持ち同士で付き合うのは、合理的な理由があります。決して「自分たちは一般大衆とは違う」という上から目線などではなく、どこまでいっても人は自分を理解してくれる相手を求め、相手との付き合いにメリットを求めるという“習性”に立脚しているのです。


年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣 黒坂岳央 著


「クリスマスに中華を食べる」「飲み会は16時開始」「大型契約の前に映画鑑賞」――。誰でもできる、でも実は99%の人はやっていない、成功者に共通する「シンプルな考え方&ルール」を大公開。

この記事は参考になりましたか?