読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、海外に赴任中の46歳の独身女性。今よりも気楽に働きたいとセミリタイアを希望していますが、現在の資産で足りるのか、また親に介護が必要になったら日本に戻り住宅購入すべきか、悩んでいるといいます。FPの飯田道子氏がお答えします。

46歳独身です。現在、会社の転勤で海外に駐在中です。アーリー・セミリタイアを希望しています。20代から転職を繰り返しているので、厚生年金のみで、企業年金・退職金がほとんど積み上がっていません。現在の会社も40代になってから入社しているので、中途採用の退職金は非常に少なく、60歳まで勤めても数百万円程度だと思われます。以下、2つの相談にアドバイスいただけないでしょうか。よろしくお願いします。


相談1: 現在の資産を考えると、セミリタイア(年収は額面で400万円程度で、健康保険と厚生年金を目当てに今よりも気楽に働ける先に転職したいと考えています)は何歳から可能ですか。


相談2: 今はまだなんとか両親だけで都内に賃貸で暮らせていますが、今後介護が必要になったときは長女のため同居を覚悟しています。現在は海外駐在で家賃の大半を会社が負担していますが、家賃負担が生じる日本帰任(あるいは転職)のタイミングで都内に家を買うべきでしょうか。


〈相談者プロフィール〉
・女性、46歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:海外駐在(会社の借り上げ住宅)
・毎月の世帯の手取り金額:46万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:400万円
・毎月の世帯の支出目安:15万円


【支出の内訳】
・住居費:1.5万円(社宅)
・食費:6万円
・水道光熱費:1万円
・教育費:なし
・保険料:なし
・通信費:なし
・車両費:なし
・お小遣い:6.5万円
・その他:なし


【資産状況】
・毎月の貯蓄額:31万円
・現在の貯蓄総額:4800万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし


飯田: 現在、海外在住でアーリー・セミリタイアメント(以後、セミリタイア)を希望している相談者様。現状の資産状況からのセミリタイアのタイミング、および親と同居するために都内にマイホームを購入するべきかを悩んでいるとのこと。

海外在住者にとって帰国のタイミングをどうするのか、親の介護をどのようにするのかは避けては通れないことであり、大きな問題に発展することがあります。

どの地で、どのように働くのかをきちんと考えてみる

相談の1つの「気楽に働ける仕事に転職するのは、何歳から可能になるのか?」なのですが、まず考えるべきことは海外で転職するのか? 日本へ帰国して転職するのか? ということです。

現在は会社の借り上げ住宅に住んでいるため、住居費1.5万円、水道光熱費1万円と破格の費用で済んでいます。健康保険および厚生年金を得るために転職をするといっても、これだけの福利厚生が整った会社は滅多にありません。すでにおわかりいただいているかと思いますが、本来であれば可能な限り勤めてリタイアする方が得策になるように思えます。

気楽に働ける先への転職を希望されていますが、キャリアを活かして転職するのか、まったく違う分野で働くのか、収入にはこだわらずに社会保障があれば良いのか、正社員で働くのか、派遣社員として働くのかも、じっくりと考えていく必要があります。