はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、これまでアイドルの追っかけにお金を注ぎ込んできた35歳の女性。仕事の都合上、食事はほぼコンビニで買うため食費もかさみ、貯蓄ができません。何を見直したらいいのでしょうか。FPの高山一恵氏がお答えします。

35歳、独身です。数年前までアイドルの追っかけをしていて、ほとんど貯蓄がありません。また仕事が裁量労働制で、残業代は出ませんが残業が多く22時過ぎまで職場にいるため、昼夜ともにコンビニ食が日常で食費がとてもかかります。今後、何を見直しして、どのように貯蓄をしていけば良いでしょうか。


〈相談者プロフィール〉
・女性、35歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:23万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:100万円
・毎月の世帯の支出目安:25万円


【資産状況】
・毎月の貯蓄額:なし
・現在の貯蓄総額:30万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし


【支出の内訳】
・住居費:7.2万円
・食費:8万円
・水道光熱費:1.5万円
・教育費:なし
・保険料:0.5万円
・通信費:1.2万円
・車両費:なし
・お小遣い:5万円
・その他:2万円

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ