生活

実家暮らしの娘、社会人になったら家にいくら入れてもらう?

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、シングルマザーとして2人の子供を育ててきた45歳の女性。一緒に住む娘から、社会人になったら5万円を家計に入れると言ってくれているそうですが、実家暮らしの子供からいくらもらうのが適切なのでしょうか。マネーフォワードから生まれたお金の相談窓口『mirai talk』のFPがお答えします。

子供が小学生の時に離婚をしました。下の子は来年の春から社会人になります。上の子供は独立しているので、今は下の子(娘)と2人暮らしです。現在、アルバイト代から2.5万円をもらっていますが、「社会人になったら家賃代の5万円を渡せばいいかな」という相談を最近されました。一般的に実家暮らしの社会人が家に入れるお金は3万円などと聞きますが、私一人と娘一人という生活で今後、娘からはいくらもらっていいものなのか、また、2人で一緒に家計を管理をしていっていいものなのか、アドバイスをお願いいたします。


〈相談者プロフィール〉
・女性、45歳、バツイチ
・子供2人:上は独立、下は21歳(大3)
・職業:会社員
・手取り月収:20万円+2.5万円(娘から)
※養育費は来年の3月まで月3万円もらうが、家計管理には含まず。
・手取り年間ボーナス:0~120万円(業績変動のため)
・預貯金:60万円


【支出の内訳(22.1万円)】
・住居費:5.7万円(賃貸、駐車場代含む)
・保険:1.4万円
・教育費:0.9万円(ジム)
・通信費:1.5万円(スマホ2台など)
・自動車:1.4万円(ガソリン、ETCなど)
・食費:3.5万円
・水道光熱費:1.6万円
・日用品:1万円
・趣味・娯楽:0.5万円(電子書籍)
・衣服・美容:0.5万円
・健康・医療:0.5万円
・交通費:0.3万円
・交際費:0.5万円
・使途不明金:1.8万円
・貯金:1万円


FP: ご相談ありがとうございます。miraitalkファイナンシャルプランナーの秋山です。働いたら家に入れるお金を増やすことを考えているなんて、しっかりしたお嬢さんですね。

下のお嬢さんが社会人になられると、今度はそれぞれが将来、問題なく暮らしていけるための準備ができるかどうかを考える時期に入ります。お嬢さんの収入と支出のバランスから、家に入れる金額を決めたほうが良いかと思います。

実家に入れる金額は、その子の収入に合わせて

学生の今、アルバイト代を2.5万円家に入れてくれるとは、できたお嬢さんです。アメリカでは高校を卒業すると、アルバイトをしながら自分で学費を払い、大学に行くのが当たり前といいますが、日本は大学を卒業するまで、学費も生活費も親が負担する傾向です。その中で、家にお金を入れているということは、素晴らしいと思います。

さて、お嬢さんはあと1年少々、在学期間が残っています。もう、就職先は決まっているでしょうか? 今、若者は「売り手市場」とも言われ、勤め先は決めやすいようですが、初任給は大きく伸びているわけではないようです。また勤め先によっては、退職金なし、まずは契約社員から、などというところもまだたくさんあります。

どのような職場で、どのような雇用形態で働くことができるか、給料はいくらかなど、ある程度見えてくると、社会人になった後、いくら家に入れてもらうかが具体的に考えられるようになるかもしれません。

「実家に入れるのは3万円」というのはよくある話ではありますが、収入の状況や、母子での暮らしの状況により、多くしてもかまわないと思います。まずは、今後のお嬢さんの状況がどうなるかを見守ってから相談するのでもよいでしょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ