橋下徹氏が登壇! 『マネーフォワードWeek』参加受付中

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、勤務先に退職制度がないため老後資金に不安を抱えているという30代の共働き夫婦。漠然とした老後の不安を解消するには、いくらもらえるのかを明確にすることが大切です。FPの平野泰嗣氏がお答えします。

現在、夫と子ども2人の4人暮らしです。夫婦共働きですが、昨年マイホームを購入したため、あまり貯金がありません。これから、住宅ローンの返済に加えて、子どもの教育費など家計支出が増えますし、老後の生活費も準備しなければなりません。今年送られてきた「ねんきん定期便」を見ると、夫の年金額は、65歳から約65万円、私の年金額は55万円と表示されていて、2人合わせても120万円です。世間では、老後資金2000万円必要と言われていますが、勤務先には十分な退職金制度がなく、年金だけでは老後の生活資金は足りません。どのくらいのペースで貯金していけば良いのでしょうか。


<相談者プロフィール>
・女性:35歳・会社員、既婚(夫:35歳・会社員)
・子ども(2人):長男7歳(小学校)、長女5歳(保育園)
・ボーナス込みの額面年収 夫650万円、妻400万円
・これまでの加入実績に応じた年金額:夫65万円、妻55万円(ねんきん定期便より)
・現在の貯金:300万円

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ