はじめに

関連銘柄はトヨタ、パナソニック、TDKなど

関連銘柄についてみてみます。自動車向けの硫化物系全固体電池は、関連特許を多数保有し、2020年代に全固体電池を搭載した自動車の商用化を目指しているトヨタ自動車(7203)が挙げられます。

米・テスラ向けに筒型リチウム2次電池を供給する一方で、トヨタ自動車とリチウム電池新JVの設立を発表したパナソニック(6752)のほか、材料メーカーとしては、オハラ(5218)、ADEKA(4401)などに注目です。

民生向け全固体電池については、すでに月産3万個をサンプル出荷しているTDK(6762)を筆頭に、FDK(6955)、太陽誘電(6976)、村田製作所(6981)などが関連銘柄です。

なお、全固体電池以外の次世代2次電池には、三洋化成工業(4471)が慶応大学教授と共同研究した「全樹脂電池」があります。また、日本電気硝子(5214)が産業技術研究所などと2025年の実用化を目指す「全固体ナトリウムイオン2次電池」、ホンダ(7267)が米・NASAやカリフォルニア工科大と共同開発する「フッ素イオン2次電池」なども期待できます。これらは、全固体電池とともに今後注目される可能性があります。
     
(文:投資調査部 斎藤和嘉)

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を

この記事の感想を教えてください。