住まい

甘い考えで組んだ住宅ローン、マイホームを手放すことも検討中

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、マイホームを手放すことを検討しているという31歳の共働き主婦。月々のローン以外にも費用がかかることを考えずに住宅ローンを組んでしまって、今後が不安だといいます。マネーフォワードから生まれたお金の相談窓口『mirai talk』のFPがお答えします。

このくらい大丈夫だろうと住宅ローンを組みましたが、固定資産税や修理費等のことをよく考えずにローンを組んでしまいました。子供も、二人目が産まれたのに貯金ができず、これから子供にお金がかかるのに不安です。勤務先が遠くなったため、復職後はフルタイム勤務が難しく、上の子が小学校に入ったら転職を考えていますが、フルで働いても手取りは17~18万円くらいになりそうです。家を手放すことも考えていますが、旦那は家を売る気はなく、なんとかなると言っています。どうすればよいでしょうか。


〈相談者プロフィール〉
・女性、31歳、既婚(夫:31歳)
・子供2人:4歳、0歳
・職業:会社員(育休中)
・毎月の世帯の手取り金額:39~42万円
(夫:21~24万円、妻:18万円)
・年間の手取りボーナス額:125万円
・毎月の世帯の支出目安:38万円


【現在の資産状況】
・毎月の貯蓄額:1万円
・現在の貯蓄総額:150万円
(うち子供の貯金100万円)
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:3760万円(住宅ローン)
※住宅ローン:物件購入額:4000万円、借入額3770万円、返済35年、金利1.37%(35年固定)


【支出の内訳】
・住居費:9.7万円
・保険:5.4万円
・教育費:3.6万円(保育園代)
・通信費:2.1万円
・車両費:2万円
・食費:4.5万円
・水道光熱費:1.7万円
・日用品:1.5万円
・お小遣い:3万円
・その他:2万円
・奨学金:2.2万円


FP: ご相談ありがというございます。miraitalkファイナンシャルプランナーの福田です。住宅ローンや所有することにかかる費用負担を大きく感じていらっしゃるのですね。

住宅ローンが収入に占める割合は「問題なし」

住宅にかかる支出が、収入のうちどのくらいの割合を占めているでしょうか。相談者様の収入と支出から計算すると、約25%となっています。この割合は適正な状況だと思います。

よく、住宅を購入するときは「返済が収入の30%以内なら問題ない」というアドバイスを受けるでのはないかと思いますが、相談者様もそういうアドバイスのもと、ローンを組むことを計画されたのではないでしょうか。

家計を見るファイナンシャルプランナーの視点でいうと、毎月のローンの返済額は手取り収入の20~25%程度に収めることが理想的だと考えますので、現状の数字から見ると、問題はないと思います。ご主人も、そういう視点から問題ないと考えているのかもしれませんね。

住宅ローン以外にも費用がかかることを忘れずに

固定資産税はお住いの土地・建物の金額に税率をかけて算出されるので、その土地・建物の金額により異なります。お住いの地域によっては、負担が大きく感じられるかもしれませんが、計画を立てて準備していけば問題ないと思います。

住宅を所有するときには、返済や税金のほか、「設備の故障」にどう対応するかも考えておかなくてはいけません。予期しないときに水道やトイレなどの水回り、給湯器、エアコンなどが故障することがあります。その修理費用も自分たちで準備しなくてはいけないため、計画的に貯めておく必要があります。

このように考えると、金銭的にやりくりが大変だと思われるかもしれませんが、住宅を手放すなどは今のところ考えなくて良いと思います。まずは家計の見直しで改善を図るべきです。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ