生活

夫の収入が減少、教育費がかさんでも「抜けない浪費癖」

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、夫の出向に伴い収入が減り、月10万以上の赤字を抱える40代の共働き主婦。浪費癖がなかなか抜けない上、4人の子供の教育費や食費が家計を圧迫し今後が不安だといいます。FPの飯田道子氏がお答えします。

4月から夫の手取りが50万円から28万円(財形天引き後)に減りました。栄転とはいえ出向することになり、残業なし土日出勤なしのため収入が激減しています。私は大手金融企業に時短勤務で勤めています。2年後、フルタイムに戻れれば私の年収は500万円くらいになると思います。夫の今年の年収はおそらく750万円くらいです。2年後には、出向から戻るので元の年収(1080万円)になると思います。世間一般から見れば低くはない世帯年収ですが、子供が多いため私立高校の学費に塾代、習い事、保育園代と教育費が多くかかります。食費も、時間をあまりかけられないということもあり、宅配やお惣菜などを買うためかさみます。


毎月天引きで財形貯蓄にまわしているものの、赤字がかさんでくると解約し補填するという生活です。基本的にお金を貯めてから買う習性がなく、ローンで買うことを選んでしまいます。10年ほど前から常にクレジットカードの利用額が20万円を超えていて、給料が入ってもそれに消えていくという生活です。最近はカードを持ち歩かないようにして、ネットショッピングも控えています。家計はすべて私が管理していて、夫は小遣い制です。3年後には車のローン150万円を払わないといけません。この先、どうしたらいいのかアドバイスをいただけないでしょうか。よろしくお願いします。


〈相談者プロフィール〉
・女性、41歳、既婚(夫:42歳、会社員)
・子供4人:16歳、13歳、11歳、5歳
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(戸建て)
・毎月の世帯の手取り金額:50万円
(夫:28万円、妻:22万円)
・年間の手取りボーナス額:260万円
・毎月の世帯の支出目安:約63万円


【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
(財形貯蓄、給与から天引き)
・現在の貯蓄総額:350万円
(別に学資保険150万円あり)
・現在の投資総額:80万円
(確定拠出年金)
・現在の負債総額:2650万円
(住宅ローンと自動車ローン)


【支出の内訳】
・住居費:8.6万円
・食費:12万円
・水道光熱費:4万円
(エネファームの返済1.5万円含む)
・教育費:17万円
(年間70万の私立高校の学費含む)
・保険料:3万円
・通信費:2.2万円
・車両費:1.5万円
・お小遣い:10万円
・日用品代:1.5万円
・その他:3.5万円
(通販サイトの分割払いなど)


飯田: 世帯年収は決して低くはないものの、支出がかさんでしまい、思うようにお金が貯められず今後の生活に不安を抱いている相談者様。ご主人の仕事内容の変化や子供たちの学費等が家計の収支に大きく影響しているようですね。

相談者様のようなケースの場合、どのように見直しをするべきか考えてみたいと思います。

利用を控える前に「無駄がないか」を見極める

支出を抑えるためにクレジットカードの利用を控える、ネットショッピングを控えているとのことですが、まずは何にどれくらい使っているのか、内容を見極めることが大切です。まず取り組んでいただきたいのが、無駄がないかの見直しです。

実際に支出の内訳を見ていくと、最も高額なのは学費なのですが、こちらはセーブするのは難しい支出ですので、可能であれば、できるだけこれ以上増やさないで済むような対策を講じることをおすすめします。

気になる部分は、お小遣い10万円、食費12万円、通販サイトの分割払いを含んでいる「その他」の3.5万円の部分です。この中で無駄に消費している部分はないかを確認するため内容を書き出し、購入したモノを振り返ってみてください。

それでは具体的に見直しをしていきましょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ