老後

海外生活で日本の年金は未払い、リタイア後帰国したらいくら必要?

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、長年海外で暮らし日本の年金は払ってこなかったというアラフォーの共働き夫婦。充分な資産を保有していますが、セミリタイアして日本に戻ったときにいくら必要になるのか知りたいといいます。FPの飯田道子氏がお答えします。

長年海外で生活し、夫婦ともに金融機関に勤務しています。私(夫)が55歳になったら夫婦そろって日本に戻り、中古住宅を買ってセミリタイアしたいと考えています。それまでにいくら用意すれば安心でしょうか。日本の年金は支払っていないため受け取れませんが、海外で支払っている年金があります。夫婦それぞれ62歳以降、日本円にして月12万円ほど受け取れる予定です。現在住んでいる海外のマンションは、7年前に3800万円ほどで買いましたが、現時点で売れば5000万円程になる見込みです。また、今のところ親の介護の必要はありませんが、今後もし妻の母(現在71歳)に介護が必要になった場合は、同居しようと考えています。


〈相談者プロフィール〉
・男性、41歳、既婚(妻:39歳、会社員)、子供なし
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(マンション)
・毎月の世帯の手取り金額:190万円
(夫:105万円、妻:85万円)
・年間の手取りボーナス額:100万円
・毎月の世帯の支出目安:約95万円


【資産状況】
・毎月の貯蓄額:90万円
・現在の貯蓄総額:3800万円
・現在の投資総額:1100万円
・現在の負債総額:2200万円


【支出の内訳】
・住居費:16.5万円
・食費:12万円
・水道光熱費:0.8万円
・教育費:なし
・保険料:3.6万円
・通信費:0.6万円
・車両費:4.8万円
・お小遣い:36万円
・その他:20万円


飯田: 長年海外で生活し、セミリタイアを機に奥様とともに帰国を考えていらっしゃる相談者様。現在気になっていることは、セミリタイア後に生活する住まいのこと。将来的に、奥様のお母様に介護が必要になった際は同居を視野に入れているそうです。海外で支払っている年金を日本で受給する予定。相談者様の場合、どのような点に注意をして、準備を進めていくべきなのでしょうか。

まずは、どこでどのような物件に住むのかを明確に

現在は持ち家で生活されており、現状、売却すれば住宅ローンは完済でき、利益も得られるような状態であるとのこと。大変喜ばしいことですが、立地や物件の状態はもちろんのこと、経済情勢によって不動産価格は変動します。定期的にどのような値動きをしているのかをチェックし、売却するタイミングを図り、日本での不動産購入の原資にしてください。

リタイアまでにいくら用意すれば安心か? とのことですが、まずは、どの地域でどのような物件を購入するのかを明確にしておく必要があります。

ご存知のように日本は土地が高く、東京や横浜、大阪等の都市部の不動産価格は高めです。たとえば、東京都のJR中央線沿線の23区内にあるファミリー向け新築マンションの物件価格は、諸経費込で目安は6000万円から。お隣の埼玉県のJR埼京線沿線では、諸経費込で目安は4000万円からとなります。一戸建ての場合は、これ以上の費用がかかりますし、中古であればこれ以下で済みます。

一度お義母様を含めて、どの地域でどのような家に住みたいのかを話し合い、必要となる費用はいくらなのかを算出。足りない分を準備するようにしましょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ