子育て

高齢で双子を出産、準備が重なる「人生の三大資金」の乗り越え方

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、高齢出産で双子を授かったという45歳の共働き主婦。教育費、老後資金、住宅購入という人生の三大資金の兼ね合いについて悩んでいるといいます。FPの三澤恭子氏がお答えします。

高齢で双子を授かりました。今後どのような家計にすれば、子どもたちの教育資金や夫婦の老後資金をきちんと貯められるのでしょうか。また、この年齢でまだマイホームを購入しておりませんが、いくらまでなら無理せず購入できるでしょうか。アドバイスをいただきたいです。

〈相談者プロフィール〉
・女性、45歳、既婚(夫:46歳、会社員)、子ども2人(0歳)
・職業:会社員(育休中)
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:78万円
(夫39万円、妻39万円)
・年間の手取りボーナス額:500万円
・毎月の世帯の支出目安:58万円
※毎月の手取り、ボーナスともに産休前の収入

【支出の内訳】
・住居費:16万円
・食費:14万円
・水道光熱費:2.5万円
・教育費:2万円
・保険料:2万円
・通信費:3万円
・車両費:なし
・お小遣い:10万円
(夫5万円、妻5万円)
・その他:8.5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:20万円
・現在の貯蓄総額:2000万円
・現在の投資総額:50万円
・現在の負債総額:なし

三澤: ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの三澤恭子です。双子のママとなられたのですね。喜びも2倍ですが、高齢出産で教育、住宅、老後と人生の三大資金の準備が重なってしまいます。マネープランが心配になるのも当然ですね。キャッシュフロー表から今後の家計をみていきましょう。

進学コースによって大きく変わるマイホーム予算

お子様の教育資金ですが、どのような進学コースを選ぶかによって準備すべき教育費の総額は変動します。したがって、どのコースに照準を合わせるかで、マイホームの予算額や準備すべき老後資金もみえてきます。

例えば、幼稚園から高校まで公立なら約540万円、中学から私立となれば約970万円かかります(文部科学省「平成28年度子供の学習費調査の結果」より)。そして大学を私立理系とした場合、自宅通学で約540万円。高校までは公立、大学は私立(理系・自宅通学)としても約1080万円の準備が必要です。2人分で約2200万円です。

中学から私立とした場合は、大学(理系・自宅通学)卒業までに1人1500万円。中学受験で小学4年生から専門塾に通わせたとしたら250万円ほど塾代がかかります。双子ですから大学卒業までの総額は3500万円になります。一度に2人分必要となるわけですから、計画的に貯めていきましょう。

マイホーム購入の予算額や老後資金は進学コース別に、次のキャッシュフロー表から考えていきましょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ