生活

28歳看護師「月20万円は貯蓄したい」 高い目標額が裏目に

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、月20万円は貯蓄に回したいのに散財してしまうという28歳の看護師。家計を立て直して投資を始めたいといいますが……。FPの氏家祥美氏がお答えします。

月20万円は貯めたいと思っているのですが、美容やファッションが好きで、ついつい使い過ぎてしまいます。どうすれば上手く貯金できるのでしょうか。また投資をしたいと考えていて、月々どのくらい投資に回せばいいかの教えていただきたいです。これから結婚・出産などで今のような収入ではなくなることも考えられるので、どのくらいでしたら負担なく続けられるのでしょうか。

<相談者プロフィール>

・女性、28歳、未婚
・職業:看護師
・居住形態:親と同居
・毎月の手取り金額:35万円前後
・年間の手取りボーナス額:140万円(変動あり)
・毎月の世帯の支出目安:25万円

【支出の内訳】
・住居費:5万円
・食費:1.5万円
・水道光熱費:0.5万円
・教育費:なし
・保険料:なし
・通信費:1.4万円
・車両費:2万円
・美容・被服費:10万円
・お小遣い:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5~10万円
・現在の貯蓄総額:200万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:2600万円(親と共同で購入したマンションの住宅ローン残債)

氏家: 「月20万円は貯めたい」とのことですが、現在の月々の貯蓄額が5~10万円です。これを本当に20万円にするには、毎月の支出を10~15万円見直さなければなりません。

もっと現実的な目標設定を

支出を見てみると、現在は親と共同購入したマンションにお住まいということですから、住居費や食費、水道光熱費、通信費、車両費は今後も避けられない支出だと思います。だとすると、お金を貯めるために見直しの余地があるのは、美容・被服費と、お小遣いだけということになりますね。

ご相談者さんは、ファッションや美容が大好きで、現在はお小遣い5万円とは別に、美容・被服費に毎月10万円使っています。これらを0円にした生活は、ご相談者さんが本当に望む生活でしょうか。

毎月の貯蓄目標を20万円と高くし過ぎているために、かえって現実感がなく、現状を変えられないでいるのだと思います。もっと現実に落とし込んだ目標額を一緒に設定していきましょう。

貯蓄は毎月定額で、美容・被服費はお小遣いに含んで

グラフ1

まず、現在の支出内訳をみると、月9.6万円が貯められている計算になりますが、実際は5万円~10万円の貯蓄ということで、月によって支出にばらつきが見られるようです。あらかじめ「その他」として、1.6万円の支出を見込んでおきましょう。不定期な支出をそこから捻出するようにすれば、月平均8万円の貯蓄を確保でき、現実に近い数値になると思います。

続いて、支出の見直しに入ります。現在は美容・被服費に10万円、お小遣いに5万円を使っていますが、今後は美容・被服費を含んだお小遣いとして、毎月の予算を10万円と決めてはいかがでしょう。遊びにかかる費用を減らせば、ファッションに割ける金額が増えます。反対に、遊ぶ予定が多い月はファッションに使う費用を減額してコントロールしていきましょう。こうして毎月の支出を5万円減らせると、毎月の貯蓄額が13万円に増額できます。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ