生活

消費税増税で注目、都内に3カ所「市内にもある免税店」をお得に活用する

日本人も使える! その条件とは

条件は「海外渡航60日前」

うれしいことに、こちらは海外旅行の予定が決まっている人ならば、日本に住んでいる日本人の利用も可能です。出国60日前から購入が可能なので、パスポートや航空券など渡航が証明できる書類を持って行けば、免税ショッピングを楽しむことができます。

ただ、いくつか注意しなければならないことがあります。まず、一度購入した品物のキャンセルや交換はできないことがほとんどです。また、出発空港や出国日が変更になった場合は、当初の出発予定日の前日までに手続きが必要なことも頭に入れておく必要があります。成田や羽田から出発予定なら問題ありませんが、地方空港からの出発には対応していないので注意が必要です。

また、出発当日は指定の「商品受け取り場所(市中免税店引渡しカウンター)」にて出発時間の1時間前までに購入者本人が購入品を受け取る必要があるので、早めに空港に到着しておくことも大切です。

提携クレジットカードの会員であれば、サービスカウンターでカードを提示することで割引料金が適用される場合もあるので、手持ちのカードの特典をよく確認しておきましょう。免税価格に加えて、割引で購入できれば、さらにお得にショッピングを楽しめます。

消費税が上がった分、免税店のお得度、利用価値もグンと高まると言えます。大きな買い物は海外旅行の直前に、という習慣を身につけておくといいかもしれませんね。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ