住まい

45歳、転勤族の妻「そろそろマイホームを持ちたいけれど…」 

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、夫が転勤族で今まで賃貸で暮らしてきたという45歳の専業主婦。そろそろマイホームを購入したいけれど、教育費の準備と両立できるのかが気がかりだといいます。FPの横山光昭氏がお答えします。

夫が転勤族のため、今までずっと賃貸住宅や社宅で暮らしてきました。ですが、そろそろマイホームを持ちたいと考えています。地方の物件で、2500万円程度のものをと思っているのですが、今、長女が高校2年生、長男が中学1年生なので、今後大学進学費用をきちんと支払えることも視野に入れておかなくてはいけません。今の状況で住宅ローンの返済と、大学進学・在学費用の負担を両立できるのかと考えると、不安になってしまいます。

転勤ですぐ仕事を辞めることになっては周囲に迷惑をかけるだろうと思い、ずっと専業主婦でいましたが、住宅購入をし引っ越すことを考えなくてよくなれば、少しずつ働くこともできるかなと思っているのですが、思い切って住宅を購入しても大丈夫でしょうか。

〈相談者プロフィール〉
・女性、45歳、既婚(夫:45歳、会社員)
・子ども2人:長女(公立高校2年)、長男(公立中学2年)
・職業:専業主婦
・毎月の手取り金額:35.2万円
・年間の手取りボーナス額:130万円
・普通預金:920万円
・定期預金:630万円

【支出の内訳(32.5万円)】
・住居費:7.7万円
・食費:5.2万円
・水道光熱費:1.7万円
・通信費:2.4万円
・生命保険料:2.1万円
・交通費:0.6万円
・日用品代:1万円
・教育費:4.3万円
・小遣い:3.4万円(夫2万円、妻0.3万円、長女0.8万円、長男0.3万円)
・その他:4.1万円
※ボーナスから年間約70万円ほど貯蓄できる

横山: ご相談ありがとうございます。将来お金がかかることが分かっていると、住居のような大きな買い物が不安になる気持ちもわかります。老後資金も気になるでしょうし。

貯蓄も上手にできていますし、毎月のやりくりも上手なようなので、住居、教育、老後のお金も上手に使いながら貯めていきましょう。

子ども2人の進学費用として、600~800万円は残しておく

いま住居を買ったとしたら、その後すぐに上の子の大学進学に向けての費用が必要になります。この金額はしっかりと残しておきたいですね。

進学費用は、お子さん1人につき、300~500万円準備しておきたいところです。もちろん、公立、私立、文系、理系で必要な金額は変わりますが、このくらい準備しておけば、初年度の支払いと、自宅外から通学するようであればその準備費用に充てることができます。もしかすると2年目、3年目までの学費も支払えるかもしれません。

他は毎月の収入から積み立てていくと良いでしょう。それでも卒業までの学費が不足しそうな場合は、お子さんに主体的に学校に通ってもらう意味も含め、アルバイトなどで一部を負担してもらうとよいと思います。

上の子の卒業を待たずに下の子が大学進学となるでしょうから、2人分で単純に600万円~1000万円、貯蓄から残しておけるといいですね。ただ、1000万円を教育費としてまるまる残しておくことは、住居を購入しようというご家庭には大変なことです。600~800万円程度でも良いかもしれませんね。

頭金の割合によっては金利が安くなることも、多めに準備を

また、もう一つ残しておきたいのは、万が一の時の生活費となる「生活防衛資金」です。これには最低限、生活費の6ヵ月分程度あれば良いでしょう。そのほか日々の生活費となるお金も1.5ヵ月分考慮して、生活費の7.5ヵ月分、相談者さん場合は約250万円を残しておきたいところです。

こう考えると、今の貯蓄の合計1550万円のうち、1050万円は残しておきたいお金になりますから、頭金を入れるのであれば最大で500万円。新しく購入したい家具や引っ越し代も必要になりますが、これは今後の収入から貯めて準備するようにしていくとよいでしょう。

間に合わないようでしたら、使わないとした貯蓄からやりくりし、早期に元に戻すようにやりくりしてもよいかもしれません。頭金を入れる割合によって住宅ローン金利が安くなるものもあります。長い目で見ると、大きな金額になりますから、負担が少なくなるように頭金は多めに準備したいところです。 

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ