生活

カード、電子マネー、QR決済を賢く使い分け!ケース別おすすめ決済手段

キャッシュレス賢者になるためには

キャッシュレス還元も始まって、何かとにぎやかなキャッシュレス決済。確かに、現金を使わずスムーズに買い物ができて便利ですよね。

でも、キャッシュレス決済の決済手段は、クレジットカード・デビットカード・電子マネー(プリペイドカード)・QR決済(スマホ決済)の4種類もあります。しかも、それぞれに対して各社さまざまなカードやアプリを発行していますから、「たくさんありすぎてどれを使ったらいいかわからない……」などということも、あるかもしれません。

今回は、そんなあなたも納得するキャッシュレス決済手段の使い分けを紹介。基本的な考え方からケーススタディまで、幅広く取り上げます。一緒に「キャッシュレス賢者」になりましょう。


キャッシュレス決済手段選び 鉄板3ステップ

まずは基本的な考え方から。いくらキャッシュレス決済が便利だからといって、何でもかんでも持とうとすると、財布も膨れてしまいますし、スマホもアプリだらけになってしまいます。利用するキャッシュレス決済手段を先に絞り込んでおくことをおすすめします。

肝心の選び方ですが、以下の鉄板3ステップを踏まえていただくのがいいと思います。ぜひ参考にしてください。

ステップ1:自分のよく使うお店やサービスで使えるものを選ぶ
いくら「これはいい!」と思ったカードやアプリでも、自分の身の回りのお店やサービスで使えないのでは意味がありません。とくにQR決済は、利用できる店舗もどんどん増えていますが、それでも使えるところ・使えないところがあるのが現状です。

まずはよく使うお店がどんなキャッシュレス決済手段に対応しているのかを確認してみましょう。

ステップ2:もっとも還元率が高いものを選ぶ
どれが使えるかわかったら、その中から、付与されるポイントや割引額が多い(還元率の高い)ものを探してみましょう。せっかくキャッシュレス決済をするのですから、少しでもお得なほうがいいですよね。たった0.5%、1%の違いでも、チリも積もれば山となります。

ステップ3:支払いのタイミングを選ぶ
ステップ2までで決済手段を絞り込んだら、あとはお金を支払うタイミング(精算方法)を選びます。キャッシュレス決済の支払いのタイミングには、大きく分けて前払い・即時払い・後払いの3つがあります。QR決済の場合、複数のタイミングから選ぶことができるものもあります。

とはいえ、これらはどれがもっともいい、というものではありません。たとえば、前払いや即時払いは、決済するときに実際にお金がなければ使えません。しかし、後払いならばそのときお金がなくても使えます。ですから、使い勝手の面では後払いのほうが上だといえます。

ただ、使いすぎを防ぐという観点で見れば、お金がなくなれば使えなくなる前払いや即時払いのほうが安心だと考えることもできます。自分の使い方や好みに合わせて選びましょう。

利用する決済手段を決めたら、できるだけどんな支払いでもその決済手段を利用します。ポイントが集中して貯まり、活用しやすくなるでしょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ