生活

34歳男性、投資で大きな損失「借金で何も手につきません」

FPの家計相談シリーズ

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、投資に失敗して貯金を使い果たした上に、借金まで背負ってしまった34歳の男性。これからどのように家計を立て直せばいいのでしょうか。FPの飯田道子氏がお答えします。

投資で失敗をしてしまいました。貯金400万円をすべて失い、銀行のフリーローンの借入もしてしまいました。借金のことを考えると、何も手につきません。今後どのように貯蓄し、家計を立て直していけばいいのでしょうか。

<相談者プロフィール>
・男性、34歳、既婚(妻:33歳 ※現在パートを休職中、下の子どもが1歳で復帰予定。月収6万円程度)
・子ども2人:4歳、0歳
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(戸建て)
・毎月の手取り金額:32万円
・年間の手取りボーナス額:100万円
・毎月の支出目安:30万円

【支出の内訳】
・住居費:6.5万円(住宅ローン)
・食費:4万円
・水道光熱費:1.2万円
・教育費:2.5万円
・保険料:4.7万円
・通信費:1.2万円
・車両費:1.8万円
・お小遣い:2万円
・その他:2万円
・ローン返済:4.5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:2万円
・現在の貯蓄総額:30万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:2500万円ほど
-住宅ローン(借入残額約2200万円、返済残期間29年、変動金利0.475%)
-A銀行フリーローン(残額72万円、金利:4.5%、返済残期間52ヵ月)
-B銀行フリーローン(残額128万円、金利9.0%、返済残期間116ヵ月)
-C銀行カードローン(残額100万円、金利5.5%、返済残期間50ヵ月)

飯田: 投資に失敗して預貯金を失い、フリーローンを組まざるを得なかった相談者様。

今後の生活に不安を抱いているとのことですが、これからどのように生活を立て直していくべきなのでしょうか? この機会にじっくりお金と向き合い、どのようにすれば良いのか対策を考えてみたいと思います。

今すべきことは「家計の見直し」

まず、実践していただきたいのが家計を見直すことです。支出の内訳を見ていくと、特に問題はないように思えますし、しっかりと倹約されている様子がうかがえます。

ただ、毎月の支払い保険料が4.7万円なのは、ちょっと高いように思えます。

現在、住宅ローンを組んでいらっしゃいますので、団体信用保険に加入しているはずです。保険料の内訳は細かく分かりませんが、死亡保障メインの契約なら減額、もしくは解約を検討しても良いかもしれませんね。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ