読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、家を買うか、賃貸に住み続けるかで悩んでいるという30歳主婦。2人目が生まれたのを機に、子どもに部屋を持たせてあげたいといいますが……。マネーフォワードから生まれたお金の相談窓口『mirai talk』のFP秋山芳生氏がお答えします。

家を買うか、賃貸に住み続けるかで迷っています。現在は地方で3LDKのアパートに住んでいます。子どもが2人いるので、子ども部屋を持たせてあげたいと思い、住宅購入か、地方都市のマンション(賃貸)に引っ越すか、または今のアパートに居続けるかで悩んでいます。

ただ、賃貸にする場合、この先も賃貸に住み続けて大丈夫なのだろうかと不安です。私の地域では住宅購入をする家庭が多く、賃貸に住み続ける家庭は少ないのです。このまま老後も賃貸に住み続けることはできるのでしょうか。それとも老後は中古住宅を購入した方がいいのでしょうか。よろしくお願いします。

<相談者プロフィール>
・女性、30歳、既婚(夫:30歳、公務員)
・子ども2人:2歳、0歳
・職業:会社員(育休中)
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:40万円
(夫:24万円※残業なしの場合、妻:16万円)
・年間の手取りボーナス額:147万円
(夫:95万円、妻:52万円)
・毎月の世帯の支出目安:33万円
※妻の収入は来年支給される予定の金額

【支出の内訳】
・住居費:7.4万円
・食費:6.5万円
・水道光熱費:3.8万円
・教育費:3.3万円
・保険料:なし
・通信費:1.5万円
・車両費:2万円
・お小遣い:夫3万円
・その他:5万円(日用品含む)

【現在の資産状況】
・毎月の貯蓄額:3万円
・現在の貯蓄総額:196万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:200万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ